Dell コミュニティ

プレスリリース&ブログ

お客様との直接的な情報交換

デル、StudioノートブックPCの新境地

8月20日にStudioノートブックに新しいオプションが登場。ニューヨーク在住のアーチスト、マイク・ミン氏の全面協力による、書き下ろしのデザインがLCDカバー(天板)オプションとして追加されました。

スケートボードとサーフィンをこよなく愛するマイク・ミン氏は日本でも幅広い活動をされている新進気鋭のアーチストです。

Studioノートブックのために5つのデザインをご提供いただきました。そのどれもが独創性に溢れ、力強いイメージ溢れる作品となりました。お客様の個性の表現方法に、単純な色の選択だけではなく、「アート」という新しいキーワードを加えました。感性を呼び覚ます、クリエィティブなPCライフに少しでもお役に立てれば、という思いを込めています。

ライフスタイルにこだわる若い方々に是非、手にしてほしい作品です(あえて製品と言いません)。使わないときでも、アートとして機能する、そんなパソコンっていいと思いませんか。もちろんパソコンとしても、十分な機能と性能を持ち合わせたデルのPC。BTOで提供します。選んで楽しい、使って満足、眺めるだけでもうれしいノートPC。あなただけのPCが「持つ歓び」をさらに極めました。

studio-ming-15-5colors

0
  • これはすごい柄ですね。一個一個塗装するのでしょうか? 使っているときに柄が剥がれたりしないのでしょうか?
  • コメントありがとうございます。 いままでにない方向性を示したと思っています(製品担当でも、初めて目にしたときは驚きでしたが..)。 天板のデザインは塗装ではないんです。フィルム印刷したものを最新の製造技術によって、転写しています。加飾フィルム加工技術を採用しています。金型でプラスチックを成型する際に、金型にプラスチック素材を流し込むと同時に、図柄をプラスチックに転写します。 プラスチック成型後に、塗装や印刷するわけではなく、成型と同時に行うので、不良率がさがるのが特長です。不良品は廃棄処分とせざるを得ないので、不良率の削減は環境にもいいんですね。 どこかでお手にとって、斬新なデザインを体験していただける機会があれば...と思っています。