Dell コミュニティ

プレスリリース&ブログ

お客様との直接的な情報交換

仮想化データセンターとクラウドに最適なエンタープライズストレージ 「Dell™ Compellent™ SC8000」を発表

仮想化データセンターとクラウドに最適なエンタープライズストレージ

Dell™ Compellent™ SC8000」を発表

 シャーシ刷新により、省スペース、省電力を実現

デルは、本日より、ユニファイドストレージの新製品「Dell™ Compellent™ SC8000(以下、SC8000)」の販売を開始します。次世代のStorage CenterコントローラであるSC8000は、自動階層化の機能によって、データをきめ細かく、動的に管理します。デルのストレージ戦略の基盤となる「Fluid Dataアーキテクチャ」を継承しています。効率的なストレージ運用と柔軟なデータ管理が可能なため、変化の激しいビジネスニーズに迅速に対応できる仮想化データセンターやクラウドの構築に最適なストレージです。

SC8000はシャーシが刷新され、Dell™ PowerEdge™12世代ラックサーバと共通化されました。これにより、システム管理がさらに容易になり、効率性を向上しています。前モデルと比較すると、ハードウェアサイズが3Uから2Uに変更となり、スペース効率が33%向上、さらなる高密度化を実現しました。また、コントローラ搭載メモリを最大12GBから64GBに、CPU4コア1基から6コア2基に増強し、大幅な性能向上を図っています。さらに電源1200Wから750Wに消費電力を削減、Energy Star Platinumを獲得、デルの外気冷却活用ソリューション「Fresh Air」にも対応し、省電力性能を向上しています。これによりOPEX削減にも貢献します。

コントローラであるStorage Centerは、ビジネスニーズに合わせて動的な拡張が可能なプラットフォームです。ハードウェアを廃棄交換しなければならないシステムとは異なり、既存のエンクロージャを新しいコントローラで利用できます。またデータ容量の増加にもエンクロージャを追加することで柔軟に対応でき、SSDやSASなどドライブ規格が混在している場合でも容易に追加や統一が可能となります。さらにプロアクティブなサポートを提供するDell Compellent Copilot Support™で、96,77%のお客様満足度を獲得しています(当社調べ)。

 

Dell™ Compellent™ SC8000

出荷開始日:         2012年7月9日~

参考価格:            119万円~

*表記の価格は、消費税および配送料を除く製品最小構成価格です。

 

製品の詳細はこちらから:

http://www.dell.com/jp/enterprise/p/dell-compellent-sc8000/pd

 

*記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

<添付資料>

Compellent SC8000

製品仕様

最大ドライブ数

960ドライブ (システムがサポートする最大の利用 可能容量はエンクロージャ構成によって変わります)

エンクロージャ構成

1台の2.5インチSASエンクロージャには、最大24台のSASドライブが搭載可能。

1台の3.5インチSASエンクロージャには、最大12台のSASドライブが搭載可能。

サポートするドライブ

インタフェース

SAS, NL-SASドライブ。

同じシステム内で、異種ドライブ異なるタイプ、転送速度、回転速度の混在も可能。

既存FC, SATAドライブに対して下位互換。

サポートするドライブ

146GB, 300GB (15,000回転),
600GB, 900GB (10,000回転), 1TB
(7,200回転) 2.5インチSAS/NL-SASドライブ。

200GB, 400GB (SLC) 2.5インチSSDドライブ (400GB SSDは近日サポート予定)。

450GB, 600GB (15,000回転),
1TB, 2TB, 3TB (7,200回転) 3.5インチSAS/NL-SASドライブ。

300GB, 450GB, 600GB (15,000回転) 3.5インチ FCドライブ。

RAID

RAID
0, 5, 6, 10をサポート。

1台のStorage
Center上でいかなるRAIDレベルの組み合わせも混在可能。

1台のエンクロージャ内で複数のRAIDレベルを共存させることも可能。

プロセッサー

2基の6コア
2.5GHz Intel Xeon E5-2640 [コントローラあたり]

キャッシュ

16GB, 64GB [コントローラあたり]

クラスタ構成

アクティブ/アクティブ

サポートするプロトコル

FC, FCoE, iSCSI

インタフェース(ホスト)

16ポートFC 4/8Gbps, 10ポートFCoE
10Gbps, 10ポートiSCSI 1/10Gbps
[コントローラあたり]

ホスト対応OS

Microsoft Windows Server, Solaris, HP-US, Linux, IBM AIX, Novel NetWare, Apple, Tru64, VMware

I/Oスロット

6 x PCIe 3.0

インタフェース(バックエンド)

16ポートFC 2/4/8Gbps, 10ポートSAS 3/6Gbps [コントローラあたり]

フォームファクター

2U

サイズ

8.73cm (高), 48.24cm (幅), 75.58cm(奥)

重量

19.73kg

電源

ホットスワップ対応の冗長化750W 電源 (Enegy Star Platinum)

 

0
  • そうそう、これでやっと見た目が統一できますね。

    また、エアフローもちゃんと設計されているし、ラックの高さも低くなり気になるところいっぱい。