新製品Dell EqualLogicブレードアレイにより

データセンターのコンバージェンスを促進

IT効率化とFluid Dataアーキテクチャを加速~

 

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:郡 信一郎)は、本日、ストレージ、サーバ、ネットワーク、IT管理の融合によってデータセンターの簡素化と性能向上に向けて、新しいソリューションを発表しました。この最新のソリューションによってデルのFluid Dataアーキテクチャの機能が向上し、IT管理を簡素化し効率を高めるデルのエンド・ツー・エンド・ソリューションがさらに強化されます。

 

Dell EqualLogic ブレードアレイ、Dell PowerEdge第12世代ブレードサーバ、Dell Force10 MXLブレードスイッチングを統合したデルのデータセンターソリューションによって単一のブレードエンクロージャ内で完全なデータセンターが提供されるため、ITの管理・運用がさらに合理化されます。

 

ブレード・データセンターのコンバージェンスを実現する新Dell EqualLogicブレードアレイ

拡張性が高く管理が容易なDell™ EqualLogic™ PS-M4110ブレードアレイは、Dell™ PowerEdge™ M1000eブレード筺体内で従来のEqualLogicアレイのあらゆる機能をエンタープライズ向けに提供します。デルの第11世代および第12世代のPowerEdgeブレードサーバとDell Force10またはPowerConnectネットワークスイッチを組み合わせることで、コンパクトな単一のブレード筺体内でデータセンターとして稼働させることができます。

 

デル初のストレージ・ブレードアレイとなるこのソリューションは、他のすべてのEqualLogicソリューションと同様、高度な仮想化を実現しており、処理能力とパフォーマンスを拡張しています。また、自動ロードバランシング機能によってパフォーマンスの最適化とストレージ運用コストを削減できます。小・中規模の仮想環境からデータセンターインフラストラクチャの構築をサポートします。

 EqualLogicブレードのマルチアレイは短時間で構成でき、他のブレードソリューションと比べると設置にかかる時間を短縮することができます。使い勝手の良さや包括的なソフトウェアモデルのほかに、EqualLogicには以下のような特長があります。

  • EqualLogic PS-M4110ブレードアレイは4タイプあり、1アレイあたり最大14テラバイト、ブレード筺体内では1グループあたり最大28テラバイト、2グループで最大56テラバイトのデータ保存が可能。
  • 独自のピア拡張アーキテクチャで、ブレード筺体内部または外部のパフォーマンスと容量を同時に拡張。
  • 筺体外で単一グループ内のストレージを2ペタバイト以上まで拡張可能。
  • EqualLogicのセットアップおよび導入機能を、ブレード筺体の管理コンソールに緊密に統合。
  • 柔軟性の高いブレードアレイで、ブレード筺体内のどのスロットにも搭載可能ト。

   

              製品画像 Dell EqualLogic PS-M4110

 

Dell EqualLogic PS-M4110 ブレードアレイ

仕様の詳細はこちら:http://www.dell.com/jp/enterprise/p/equallogic-ps-m4110/pd

出荷開始日:2012年9月12日

最小構成価格:265万円~

*表記の価格は、消費税および配送料を除く最小構成価格です。

 

10GbEデータセンターを実現するデル・コンバージド・ブレード・データセンター・ソリューション

さらに、新しいEqualLogicブレードアレイと最新のDell PowerEdge 12世代M420ブレードサーバ およびDell Force10 MXLスイッチ を組み合わせたソリューションを発表しました。動作検証・認証済のデル・コンバージド・ブレード・データセンター・ソリューションです。単一のDell™ PowerEdge™ M1000eブレード筺体内に高密度かつ簡素なエンド・ツー・エンドの10GbEデータセンターを構築します。

 

デル・コンバージド・ブレード・データセンター・ソリューションの利点は以下の通りです。

  •  コンパクトな共有フットプリントにより過剰なライセンスが排除され、スペース、ケーブル構成、電力および冷却コストが軽減。
  • 柔軟なDell Force10 MXLネットワークスイッチは、交換可能なFlexIOモジュールを使用しており、1GbE、10GbE、または40GbEへの拡張が可能。
  • 高さを4分の1に抑えた2ソケット・ブレードサーバであるPowerEdge M420が、高密度、パフォーマンス、効率性を提供。
  • エンド・ツー・エンドの10GbE Data Center Bridging(DCB)がファブリックの融合を可能にし、コスト削減とイーサネット経由のサービス品質向上を実現。
  • インフラ管理への統合アプローチにより、システム管理者は使い慣れたVMwareやMicrosoftの管理コンソールを使用して、デルのサーバおよびストレージを管理することが可能。

 

新しいEqualLogicブレードアレイおよびデル・コンバージド・ブレード・データセンター・ソリューションは、SANとホストおよびアプリケーションを緊密に統合するEqualLogicソフトウェアの新リリースによって補完されています。EqualLogicストレージシステムの包括的ソフトウェアライセンシングモデルには、あらゆる支援ソフトウェア・アプリケーションとツールが含まれており、追加のライセンス料は不要です。新しいソフトウェアリリースは以下のようなメリットを提供します。

 

  • EqualLogic Array Software 6.0 –同期レプリケーションによるリアルタイムのデータ保護、データセキュリティ向上のほか、スナップショットスペース借用、ボリュームアンマップ、ボリューム復元機能によって効率性を向上。
  • EqualLogic SAN HeadQuarters 2.5 –自動的に診断データを収集し、データをデル製品に送信するDell Integrated Support機能を通じてユーザ体験を向上させる監視・分析ツール。
  • EqualLogic Host Integration Tools for Microsoft 4.5 -新しいAuto-Snapshot Manager for Microsoft SharePointにより、Microsoft SharePointの信頼性と可用性を改善。

  

エンドースメント

兼松エレクトロニクス株式会社は、デルの新製品ブレードアレイ「Dell™ EqualLogic™ PS-M4110」の発表を歓迎いたします。弊社は本製品の日本唯一のテスターとして選ばれ、総合IT基盤検証センターであるKCCE(KEL Competency Center East)において、ブレードサーバ「Dell™ PowerEdge™ M620」と「Dell™ EqualLogic™ PS-M4110」の動作検証をいち早く実施し、シームレスな稼働を確認しています。兼松エレクトロニクスは、デルのストレージ製品の販売実績1位のDell Premierパートナーとして、デルのサーバ並びにストレージを効果的に組み合わせたデータセンターソリューションの提案を通じ、お客様のビジネス拡大に貢献していきます。

兼松エレクトロニクス株式会社 

取締役 東京システム営業部門担当

菊川 泰宏

デル・プロサポートについて

デル・プロサポートは、幅広いオプションの組み合わせにより、お客様のニーズと環境に応じてカスタマイズ可能なサービスを提供し、事業継続の最大化と高い生産性を実現します。柔軟なオプションにより、ユーザ、デバイス、アプリケーションからシステムの保守・運用・管理やデータセンターに至るまで、具体的な問題に対応することができます。

プロサポートの詳細につきましては、以下をご参照ください。

http://content.dell.com/jp/ja/enterprise/by-service-type-support-services-prosupport-data-center.aspx

 

 

*記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。