データセンターへのさらなる高密度化と省電力化が求められる中、スモールコアサーバへの需要が高まってきています。デルは、2012年5月29日にARMサーバ上でのソフトウェア開発/テストを支援するプログラムとプロトタイプ製品「Copper」を発表しました。

 

開発・検証を行う業界リーダーや顧客に、デルからプロトタイプ製品を提供して、将来のARMサーバの普及に向けて業界エコシステムの発展をサポートしていきます。

 

今回、デルは、ARM社主催の日本国内イベント「ARM Technology Symposium 2012 Japan」(2012年12月6日(木) 品川コンファレンスセンター)にスポンサーとして協賛し、ARMベースのプロトタイプ製品「Copper」の実機展示(国内初)*とARMへの取り組みを紹介する講演を行います。【*参考出品、現時点で一般発売の予定はありません。】

 

ぜひ皆様お誘いあわせの上、会場までお越しいただければ幸いです。

 

Dell “Copper” ARM Server

3Uマイクロサーバシャーシに48ノードのARMベースサーバを搭載可能(Marvell社のArmada XPを採用)

 

『ARM Technology Symposium 2012 Japan』の詳細につきましては、下記をご参照ください。

http://www.event-info.com/arm-seminar2012/