2016 年 7 月 11日
デル株式会社

 

デル、スマート・システムとIoTの統合を促進する

組込み向けPCEmbedded Box PC 3000/5000シリーズ」を発表

 

* 2016年5月31 日にアジア太平洋・日本地域において発表されたリリースの抄訳版です。

 

  • デルの「Embedded Box PC 3000/5000シリーズ」は、実績ある品質、信頼性、最大化されたサプライチェーン・サポートをグローバルで提供
  • 過酷な環境下でも長時間運用が可能な堅牢なファンレス設計
  • 長期的なDell Support and Deployment Servicesにより、産業用PC製品のライフサイクルと変化し続ける市場ダイナミクスに合わせて進化するサポートを提供

                                                                             

デルは、初の産業用PC(IPC)「Embedded Box PC 3000 / 5000 シリーズ」を発表し、今後の組込みPC市場における事業拡大を目指します。今夏に提供開始した両製品は、ファンレスでの堅牢な設計により、顧客による製品の市場投入にかかる期間を短縮します。OEMソリューションでの堅牢性に関する革新的なエンジニアリングと豊富な実績に支えられたこれらの製品は、デルの「モノのインターネット(IoT)」ポートフォリオを拡充します。また、既存の組込みソリューションに満足していないユーザーに、リードタイムの短縮、エンタープライズクラスのライフサイクル、安定性、コストパフォーマンス、サービス、サポートなどの利点をもたらします。

 

組込みコンピューティングは拡大を続けており、Technavioの調査*1では組込みシステム市場の規模が2014年の110億ドル超から2019年には231億ドルに達すると予測しており、その成長率はCAGR(複合年間成長率)でほぼ15%に達します。部材コストの下落と電力効率の改善により有機的成長が加速し、ビジネスにおけるROI(投資利益率)に対するニーズとIoTからの要求が拡大します。

 

一方、緩慢なリードタイム、デバイスの信頼性の低さ、制限されたスケーラビリティ、セキュリティや管理容易性におけるオプションの欠如、限定的なサポート、日本製に関してはその価格の高さなどの要因により、依然としてマーケットの拡大が阻まれています。

 

Dell OEMソリューションズのアジア太平洋・日本地域のセールス・エンジニアリング・ディレクターであるRicky Chanは、次のように述べています。「お客様から、既存の組込みソリューションがオペレーションにおいて極めて重要かつ信頼性のあるコンポーネントであるにもかかわらず、コスト効率や拡張性、サポートにおいて十分ではないということを常に聞いています。当社の新しい組込み製品は、1台から数千台まで数量を問わずに注文できることに加え、グローバルスケール、エンドツーエンドのIT/OTセキュリティ・ポートフォリオ、強力なカスタマイゼーション、受賞歴のあるサービスとサポート といった当社がこれまで築いてきたビジネスを基盤として、この新しい市場に提供していきます。」

 

Embedded Box PC 3000/5000シリーズ」のハイライト

組込みPCは、ファンが最も欠損しやすい部品であるため、「Embedded Box PC 3000/5000シリーズ」がファンレスであることは重要であり、最低限のノイズを求められる環境に最適です。また、「ヘッドレス」またはキーボード、マウス、モニターと使用できるため、信頼性に優れています。こうした特長に加え、柔軟かつパワフルで拡張性のある有線および無線による入出力オプションを備え、Intel®プロセッサーを搭載します。

 

「Embedded Box PC 3000シリーズ」は、Intel® Atom™プロセッサーを搭載し、売店、自動販売機、車両といったスペース上の制約があるアプリケーション向けに設計されています。「Embedded Box PC 5000シリーズ」は、パフォーマンスとI/Oのスケーラビリティが最適化されており、Intel® Core™プロセッサーと2つのPCI/CIeカードスロットを搭載します。産業用PCやIoT用途(マルチHDビデオストリーミング・アプリや高周波数センサーのデータソース)、製造業、自動制御などの高帯域幅が必要とされる分野に適しています。

 

その他の特長

  • 動作温度範囲: 0°C ~ 50°C
  • MIL-STD 810G仕様に準拠
  • DINレール、VESA、または壁掛けオプション
  • 5年間のライフサイクルおよびOEM対応オプション
  • グローバルでのDell Support/Deployment Servicesの対応
  • Microsoft Windows 7 Pro、Windows 7 Embedded、 Windows 10 Pro、Windows 10 IoT Enterprise LTSB*2、Ubuntu Desktopオペレーティング・システム 

 

本製品は、デルのグローバルサービス、信頼性の高いセキュリティ、管理容易性といったオプションに加え、Dell Support/Deployment Services(IoT製品のライフサイクル全体に対する最大5年間の包括的ハードウェア・サポートのProSupportを含む)とともに提供されるため、自社の作業環境を最大活用しつつメンテナンスコストを最小化します。

 

販売開始日:2016年6月14日より販売中

販売価格:オープン価格

製品ページ:http://www.dell.com/jp/business/p/embedded-box-pcs?~ck=bt

 

Arrow Electronics、OEM Computing Solution、社長、Mark Taylor氏のコメント:

「デルの技術力と卓越したコミットメントは、OEMと独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)市場における当社のビジョンと非常に合致しています。デルと協業できることは光栄であり、共に持続的に成長していけることを楽しみにしています。」

 

Canonical Ltd.、コマーシャルデバイスオペレーションズ担当副社長、Jon Melamut氏のコメント:

「セキュリティと信頼性は、組込みPCのお客様にとって最も重要な要素です。Ubuntu Desktopを搭載した『Embedded Box PC 3000シリーズ/5000シリーズ』を提供開始するデルとパートナーとして協業できることを大変喜んでいます。これらの製品により、デルのハードウェア同様にソフトウェアにセキュリティと信頼性をもたらすでしょう。」

 

Intel、インダストリアルソリューション、ジェネラル・マネージャー、Chet Hullum氏のコメント:

「『Dell Embedded Box 3000/5000シリーズ』は、第6世代のIntel® Core™プロセッサ・ファミリーとIntel® Atom™プロセッサーE3800製品ファミリーを搭載し、従来の運用技術のデータニーズとITの管理容易性への需要との橋渡しとなるように設計されており、産業界とIoTのお客様のニーズを満たすソリューションとなっています。」

 

# # #

 

*1 Technavio Global Embedded Systems Computer Market Report

*2 2016年夏下旬に提供予定

 

■DELL ロゴは、米国 Dell Inc. の商標または登録商標です。

■その他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

■記載内容は、2016 年 7月 11日時点のものです。