2015年11月15日

デル株式会社

 

デル、次世代ワークスタイルを提案する2つの体験型イベント

「次世代ワークスタイルショールーム~働き方改革」を羽田空港にて開催

~ショールームと最新ソリューション展示コーナーでデル最新製品をタッチ&トライ~

 

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下 デル)は、インテル株式会社協賛のもと羽田空港第二旅客ターミナル2Fにて11月28日(月)から11月30日(水)に同社が提唱する次世代の働き方「Future Ready Workforce」を体感できる2つのイベントを同時開催します。

 

日々変化を続ける働き方と、それを見据えた次世代の働き方を提唱するデルの「Future Ready Workforce」。今回は出張ビジネスマンや旅行者の往来が盛んな羽田空港2F通路の北、南の両側にてイベントを同時開催します。

 

 “次世代の働き方”ショールーム イメージ画像

南側の“次世代の働き方”ショールームでは、ラウンジエリアとカウンターを設置し、オフィスや仕事環境を快適にするインテル® Unite™ ソリューションや、外出先でもオフィスと同様のネットワーク環境を提供するデルのモバイル製品の展示・体験を提供します。

 

 

最新ソリューション展示 イメージ画像

 

一方、通路を挟んだ北側では、デル最新の第6世代インテル® Core™ プロセッサーを搭載したNew XPSシリーズ、Latitudeシリーズ、Vostroシリーズ、Precisionシリーズ、OptiPlexシリーズをはじめ、各種モニタやオフィス外での業務に便利なPCアクセサリの製品ラインアップを、実際に体験(タッチ&トライ)することができます。

  

イベント概要

名称:次世代ワークスタイルショールーム

開催期間:11月28日(月)~11月30日(水)午前10時 ~午後6時

会場:羽田空港第二旅客ターミナル2F 南側、北側イベントスペース

 

 

入場:無料。どなたでも入場できます

特典①:アンケートに協力いただいた来場者にはデル限定のお菓子をプレゼント

特典②:デル製品(ノートPCなど)をお持ちの方に抽選でデルPCアクセサリをプレゼント

 

Future Ready Workforceについて

デルは、Future Ready Workforceというコンセプトをもって、今後5年から10年先を見据えたときにあるべき姿、働きやすい環境を考えており、グローバルでビジネス展開をしています。デルが提唱する次世代の働き方とは、個人やチームが最大限のパフォーマンスを発揮することによって、組織全体が機能的、かつ創造的に運営され、将来のビジネス環境下における競争優位性を獲得できるようにするものです。

 

個人やチームの生産性の向上や、活発な組織づくりのためには、社員同士の円滑なコミュニケーションから生まれる「イノベーションアイディア」、社員それぞれのワークスタイルにあった働きやすい環境を整備することによる「従業員満足度の向上」、そしてITソリューション活用による「働き方の変革」の推進が必要です。

 

デルの日本法人では、Future Ready Workforceのコンセプトをベースに、まず「働き方」を5つのカテゴリーに分類し、各々のニーズにあったアプローチを実践しています。それとともに、グローバルに先駆けて、オフィスをリノベーションするなど、自らがワークスタイルの変革に取り組んでいます。

 

###

 

■ DELL ロゴは、米国 Dell Inc. の商標または登録商標です。

■その他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

■記載内容は、2016年11月15日時点のものです。