2017年1月18日

デル株式会社

 

ネットカムシステムズ、マンモグラフィ読影診断システムに

Dell Precision Tower 78105810」を採用

~高性能なビデオカードとワークステーションの組み合わせにより、

高速かつ正確な診断をサポート~

 

  • 高性能ワークステーションとAMD FirePro W5100 の強力なGPUパワーが読影者のストレスと読影時間を大幅に低減
  • 遠隔地にある過去画像の素早い読み込みと複数拠点での診断履歴の確認を実現できるようになり医療の質を向上
  • 5年間にわたる当日対応オンサイト保守サービスに任せることで、ユーザのハードウェア障害をすぐに解決でき、自らはソフトウェアのサポートに専念
  • 3Dのトモシンセシスの画像もスムーズに動かせるため、気になる箇所をじっくりと診て正確な診断を実現

 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下、デル)は、ネットワークカメラ用ソフトウェアの開発・販売を手がけるネットカムシステムズ株式会社(代表取締役社長:杉原和幸、以下、ネットカムシステムズ)が、マンモグラフィ読影診断システム「mammodite(マンモディーテ)」に、「AMD FirePro W5100」ビデオカードを搭載したデルの高性能ワークステーション「Dell Precision Tower 7810」および「Dell Precision Tower 5810」を採用した事例を発表しました。同社は、高性能なビデオカードとワークステーションの組み合わせにより、高精細な大容量の画像をストレスなく表示させ、正確な所見を素早く出せる環境を実現し、多くの医療機関に提供しています。



背景

2004年に創業したネットカムシステムズは、「技術で人を幸せにし、セキュリティとメディカルで社会に貢献する」ことをモットーに、ネットワークカメラ用ソフトウェアの開発・販売に力を注ぎ、少数精鋭ながら国内シェア2位を誇る企業に成長しています。2012年には、ネットワークカメラで培った画像技術のノウハウを新たな領域で活かすためにメディカル事業部を設立し、医療をより行いやすくするためのソフトウェア開発に取り組んでいます。

導入の背景と理由

同社のメディカル事業部では、すべての女性の健康のためには、乳がんの早期発見・早期治療を実現することが重要で、より正確な乳腺画像診断をサポートする必要があると考え、マンモグラフィ読影診断システム「mammodite」を自社開発しました。同システムの開発にあたっては、当初から一貫してビデオカードに「AMD FirePro」、ワークステーションに「Dell Precision」を採用し、高精細な5Mモニタ2台、サブモニタを1セットにしたマンモグラフィ読影診断ワークステーションとして販売しています。この背景として、「mammodite」を医療機器として販売するために、汎用PCではなく、信頼性や安全性を確保できるワークステーションを必要としていたことが挙げられます。また、重要なデータを扱うため、RAID 5を組む必要があったことも、より高性能なワークステーションを必要とした理由の1つでした。

 ネットカムシステムズ、メディカル事業部取締役の原野武史氏は、複数の候補から「Dell Precision」を採用した理由を次のように述べています。「より信頼性の高い、高性能なワークステーションを求めて、いくつかのメーカーの製品を検討しました。見積りを取り、各社の営業と相談している中で、最もフィードバックが迅速でよかったのがデルでした。また、各社に要件を伝えましたが、デルの提案が最もしっかりと考えてくれていると感じられました。」

 また、ビデオカードとして「AMD FirePro」を選んだ理由には、高精細な5Mピクセルのモニタの推奨機器となっていたことに加え、1つのビデオカードで3台以上のモニタ(現在採用している「AMD FirePro W5100」は4ポート出力)に出力できることを挙げています。2つのビデオカードを使えば3つ以上のモニタへ出力することもできますが、ビデオカード同士の相性や消費電力などを考えると、単独のビデオカードであれば故障のリスクを大幅に低減できると判断し、「AMD FirePro」が採用されました。

導入の効果

「AMD FirePro」と「Dell Precision」の組み合わせによって、mammoditeは、乳腺の読影をストレスなく行い正確な所見を素早く出せる環境を実現するため、2012年の発売からわずか4年で国立大学付属病院をはじめとする全国で130以上の医療機関に約260台を納入しています。最新のセットでは、AMD FirePro W5100を搭載した「Dell Precision Tower 7810」、追加のワークステーションが必要な場合はAMD FirePro W5100を搭載した「Dell Precision Tower 5810」を提供し、すでに150台以上を納入しています。

日本AMD株式会社のプロフェッショナルグラフィックス営業本部、日本担当マネージャーである児玉清美氏は、次のように述べています。「ネットカムシステムズ様に、AMDのプロフェッショナル・グラフィックスカード『FirePro W5100』を搭載したデルの『Dell Precision』が採用され、パワフルかつ信頼性に優れたプラットフォームをご提供できたことをたいへん嬉しく思います。AMDでは、マルチモニターテクノロジーや、繊細な階調表現が可能な10bitテクノロジーを、いち早く市場に投入いたしました。これからも、『AMD FireProグラフィックスカード』では、優れたグラフィック性能とともに堅実なドライバー、認証済みのアプリケーション・パフォーマンスをお客様にご提供します。」

「mammodite」のサポートについては、ネットカムシステムズがリモートで行い、必要であればオンサイトでのサポートを行っています。「Dell Precision」に対しては、デルの当日4時間プラス対応オンサイト保守サービスを適用しているため、ユーザ側で機器の故障が発生してしまった場合も、デルにハードウェア障害のサポート対応を任せ、ネットカムシステムズはソフトウェアのサポートに専念することが可能になっています。

今後の活用と展望

ネットカムシステムズでは、「mammodite」だけでなく、大規模向け録画サーバ「KxView HyperServer」にのハードウェアメーカーとしてデルを採用しており、そのサーバ、スイッチ、ストレージを導入してデルの5年間 当日対応オンサイト保守サービスとともにユーザに提供しています。ネットカムシステムズのメディカル事業部では、今後も医療に従事している方が困っているところを解決できるソフトウェアを開発し、社会貢献できるような仕組みを提供していきたいと考えており、それらのソフトウェアを支えるプラットフォームとして、今後もデルのテクノロジーや性能に期待を寄せています。

今回導入されたソリューション

  • クライアントソリューション

             ・Dell Precision Tower 7810 workstations with AMD FirePro W5100 graphics cards

             ・Dell Precision Tower 5810 workstations with AMD FirePro W5100 graphics cards

  • エンタープライズサポート

             ・プロサポート:ハードウェアオンサイト保守サービス

  • ネットカムシステムズ株式会社の事例詳細につきましては、こちらをご参照ください。
  • 他の事例につきましては、こちらをご参照ください。
  • ネットカムシステムズ株式会社の詳細につきましては、こちらをご参照ください。
  • Dell Precisionについては、こちらをご参照ください。
  • デル プロサポートについては、こちらをご参照ください。

###

■DELL ロゴは、米国 Dell Inc. の商標または登録商標です。

■Dell Precision、Dell ロゴは、米国Dell Inc. の商標または登録商標です。

■その他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

■記載内容は、2017年1 月18日時点のものです。