2017年5月30日

 デル株式会社

EMCジャパン株式会社

 

デルEMCジャパン、デスクトップからデータセンターまでを網羅する

柔軟なコンサンプション消費モデルを発表

新しいテクノロジーの導入を支援する柔軟かつシンプルで予測可能なオプションを提供

 

ニュースの概要

  • 新しい柔軟なコンサンプション(消費)モデルを発表 - 予測が難しいIT需要と変化するビジネス要件に対応するテクノロジーの導入を簡素化
  • ストレージ ソリューションのオーバープロビジョニングに起因するコストの削減をサポートする「Dell Financial Services Flex on Demand」(近日提供開始予定)
  • クラウド‐ライクなコンサンプション(消費) モデルの「Dell Financial Services Cloud Flex for HCI」(当初はDell EMCのハイパーコンバージド製品ファミリーが対象)(近日提供開始予定)
  • カスタマイズしたソリューションと予測可能な費用によってワークフォース トランスフォーメーションを促進する「PC as a Service」と「Dell EMC VDI Complete Solutions」(近日提供開始予定)
  • カスタマイズしたソフトウェア契約を通じて、ソフトウェアの柔軟なライセンス付与とメンテナンスを実現する「Dell Technologies Transformational License Agreement」

 

2017年5月30日、東京発

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL:http://japan.emc.com/ )は本日、ITトランスフォーメーションを加速させるための全社的な取り組みとして、柔軟かつシンプルで予測可能なコンサンプション(消費)モデルを発表しました。急速に変化しているIT環境の中で大きな先行投資を減らすために、企業や組織は、テクノロジーやソリューションを調達する新たな方法を求めています。

 

デルとEMCジャパンは、ハイパーコンバージド インフラストラクチャ ソリューションの初導入、PCの刷新、データセンターの完全なモダナイズ(最新鋭化)など、企業が導入するテクノロジーに最適なコンサンプション モデルを提供します。このモデルによって、企業や組織におけるIT戦略やプランニングの柔軟性が高まり、ビジネス ニーズの変化に応じた容量のスケールアップ/ダウンや予期せぬ需要の急増への対応が可能になるとともに、多額の先行投資をすることなく新しいテクノロジーを段階的に導入していくことができます。

 

Dell Financial Services (以下、DFS) Flex on Demand(近日提供開始予定

Flex on Demand」は、まずすべてのDell EMCストレージ ソリューションを対象に提供します。ユーザーは必要なストレージ容量のみに料金を支払うので、オーバープロビジョニングによるコストを削減できます。ここで重要なのが、「Flex on Demand」では、業務利用の急増(スパイク)時に追加のバッファ容量を手軽に利用できる点で、料金は利用状況に合わせて調整されます。DFSの低容量コミットメントと柔軟な支払期間によって、ユーザーは消費した分のみ料金を支払えば済むので、予算を他のプロジェクトで活用することができます。

DFS Cloud Flex for HCI近日提供開始予定

Cloud Flex for HCI」は、まずDell EMCのハイパー コンバージド製品ファミリーが対象となります。クラウド-ライクのコンサンプション モデルで、ユーザーは毎月料金を支払い、利用期間の経過に伴い価格が低下します。12カ月経過後は、解約金なしで解約(製品を返却)できます。

(継続利用の場合には費用が発生します。)「Dell EMC VxRailアプライアンス」および「Dell EMC XCシリーズ」から提供開始するこのモデルは、柔軟で低リスクのファイナンス ソリューションで、導入の初期費用が不要であるとともに、コストは利用期間にわたり分散され、ユーザーは、より多くの時間とリソースをイノベーションやビジネスの成長に集中させることができます。

PC as a Service」および「Dell EMC VDI Complete Solutions」(近日提供開始予定)

デルとEMCジャパンが提供する「PC as a Service」は、最新のPCハードウェア、ソフトウェア、エンド ツー エンドのサービス(導入、管理、セキュリティ、サポート)のすべてを、ユーザーアカウント単位で月額で、単一ソリューションとして提供します。このソリューションによって、PCのライフサイクル全体を通じてIT管理に伴う負荷とコストを減らすことができるので、IT部門は、より戦略優先度が高い対象に集中するとともに、新しいテクノロジーをより短期間でエンドユーザーが利用できるようにすることも可能になります。

 

デスクトップ仮想化およびアプリケーション仮想化テクノロジーを検討している企業であれば、「Dell EMC VDI Complete Solutions」が、統一されたサポートを通じて購入、導入、管理を容易にすることで、一般的に導入の障壁となっている課題を解消します。「VDI Complete」は、インフラストラクチャとソフトウェア、またシンクライアントおよびサービスのオプションのすべてを、単一のベンダーが提供します。「VMware Horizon」を活用するこのソリューションは、「Dell EMC VxRail アプライアンス」または「vSAN ReadyNodes™」を基盤にするので、ユーザーは自社独自のVDIソリューションを構築するか、事前構成済みのエンド ツー エンド ソリューションを購入することができます。

 

Dell Technologies Transformational License AgreementTLA提供開始

Dell Technologies TLA」は、ライセンスおよびメンテナンスに関するシンプルな単一ソフトウェア契約で、年間支出がより予測可能になるとともに、費用対効果を高めることができます。高度にカスタマイズしたソフトウェア契約によって、特に時間の経過に伴う要件の変化に合わせて、ソフトウェア利用権限の適用と管理をかつてないほど柔軟に行えます。例えば、実装していないソフトウェアを新しい権限と交換できるとともに(契約に含まれていない権限を含む)、すでに実装している権限を含めてあらゆるソフトウェアと自由に交換できます。また、いつでもプリペイドのTクレジットを適用してソフトウェア ライセンスの増分やプロフェッショナル サービス、教育サービス、パブリック クラウド サービスなどに充てることができます。

 

価格と提供について

■価格:個別見積(月額料金は構成、期間、容量等によって変動します)

■提供時期:

  • 「DFS Flex on Demand」:近日提供開始予定
  • 「DFS Cloud Flex for HCI」:近日提供開始予定
  • 「Dell EMC VDI Complete Solutions」:近日提供開始予定
  • 「Dell Technologies Transformational License Agreement」:本日より提供開始

■提供について:
デル、EMCジャパンから提供します。