2017年5月31日

 デル株式会社

EMCジャパン株式会社

 

Dell EMC、データセンターのモダナイズ最新鋭化を実現する

ソフトウェア デファインド ストレージ「ScaleIO」、「ECS」の最新バージョンを発表

優れた柔軟性、ITコストの削減、ROIを迅速に実現

 

ニュースの概要

  • ソフトウェア デファインド ストレージ製品群全体を通じて、第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバ(近日発表予定) をサポート-新たなレベルのパフォーマンスとスケーラビリティを実現
  • 卓越した効率性とパフォーマンス、簡素化した管理環境を提供する「Dell EMC ScaleIO」の次世代版が、ソフトウェア デファインド ストレージを使用したITトランスフォーメーション実現を促進
  • Elastic Cloud Storage(ECS)」プラットフォームのアップデート -ハイブリッド実装モデルを実現する「ECS Dedicated Cloud Service」、データ保護、管理、アナリティクス機能を強化した「ECS.Next」
  • 膨大な量のストリーミングIoTデータを格納・分析し、企業におけるリアルタイムの意思決定を支援する新しいソフトウェア デファインド ソリューション「Project Nautilus」のプレビュー
  • 「Dell EMC Ready Nodes」の新製品である、「Dell EMC VMware vSAN Ready Nodes」や「Dell EMC Microsoft Storage Spaces Direct Ready Nodes」およびアップデート版が、事前構成/テスト済みのSDSおよびサーバ ソリューションとともにソフトウェア デファインド ストレージのポートフォリオを拡張し、ITトランスフォーメーションへの柔軟なパスを提供

 

2017年5月31日、東京発

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL:http://japan.emc.com/ )は本日、ソフトウェア デファインド ストレージ(SDS)製品の新バージョンやソリューションを発表しました。

 

SDS(ブロック型)の「ScaleIO(スケールアイオー)」、SDS(オブジェクト型)の「ECS」、スケールアウト型ストレージの「IsilonSD Edge(アイシロンエスディー エッジ)」のアップデートに加え、膨大な量のストリーミングIoTデータを格納・分析し、企業におけるリアルタイムの意思決定を支援する新しいSDS「Project Nautilus(プロジェクト ノーチラス)」のリリース、さらに「Ready Node(レディーノード)」製品群の拡張を発表しました。新しいSDSにより、エンタープライズ インフラストラクチャのプログラミングが可能になり、自動化が促進されるとともに、従来のインフラストラクチャよりも簡単にスケーリングと管理を行えるようになります。

 

Dell EMCは、幅広いSDSソリューション ポートフォリオの提供により、企業のビジネス ニーズ、将来のプラン、スキルレベル、地理的な課題に合わせて最適なソリューションを提供します。製品群の詳細は以下の通りです。

 

Dell EMC ScaleIO.Next(スケールアイオードットネクスト) - 市場をリードするエンタープライズ レベルのSDS(ブロック型)ソリューションである「ScaleIO」が、新しい.Next機能と強化機能を提供します。

  • インライン圧縮、スナップショット機能の強化、詳細なシン プロビジョニング、シームレスなボリューム移行による効率の向上
  • 最新の第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバおよび「NVMe」フラッシュ ドライブによるパフォーマンスの向上とレイテンシの短縮
  • 「VMware Virtual Volumes」のサポートにより、「VMware」の管理を簡素化

 

Dell EMC ECS」のアップデート - Dell EMCのスケールアウト オブジェクト ストレージ プラットフォームに関連する複数のアップデートで、従来型のアプリケーションおよび次世代アプリケーションに対するクラウド スケールのグローバル データ アクセスを提供できるように設計されています。

  • ECS.Next - 強化されたエンタープライズ データ保護・管理機能に加え、高度なアナリティクスのサポートを提供します。さらに、ECSソフトウェアは、第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバでの動作が保証されています。
  • ECS Dedicated Cloud Service - お客様はハイブリッド クラウド モデルを通じてECSを利用できます。「Virtustream(バーチュストリーム)」データセンターでホスティングする専用のシングル テナント ソリューションとして、「ECS Dedicated Cloud Service」は、プライベート クラウドのコントロール性とパブリック クラウドの手間要らずの運用性と俊敏性を統合して提供します。

 

Project Nautilus」のプレビュー 「Project Nautilus」によって、企業は世界中のデバイスからのストリーミング データに基づいてリアルタイムの意思決定を行うことが可能になります。復旧用のストレージ層として「ECS」や「Isilon」とシームレスに連携するように設計されている「Project Nautilus」は、Dell EMCの非構造化ストレージ プラットフォームにリアルタイムのデータ処理能力をもたらします。

 

Dell EMC Ready Nodes」ポートフォリオの機能強化

  • Dell EMC VMware vSAN Ready Nodes – 第14世代「PowerEdge」サーバでの運用が検証されているこれらのvSANコンポーネントは、簡単で迅速なスケーリングが可能であるとともに、必要な量のCPU、メモリ、ネットワーク、入出力(I/O)コントローラ、ストレージが事前構成済みなので、企業は低リスク、低コストでvSAN環境を実装することができます。
  • Dell EMC ScaleIO Ready Nodes – 「Dell EMC ScaleIO」ソフトウェアのすべての機能と事前構成済みの「Dell EMC PowerEdge」サーバとを統合し、卓越したパフォーマンス、スケーラビリティ、柔軟性を提供します。すぐに実装可能なこれらのコンポーネントは、NVMe DrivesオプションとNVDIMMオプションを含めて、最新の第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバを利用します。ソフトウェア機能のアップデートには、自動検出機能、プロビジョニングの合理化、ストレージ ノード オンリーの実装モードが含まれています。
  • 新しい「Dell EMC Microsoft Storage Spaces Direct Ready Nodes – 事前構成済みの「Dell EMC PowerEdge」サーバが、Windows Server 2016のStorage Spaces Direct(記憶域スペース ダイレクト(S2D))機能および他の高度な機能セットの効果を最大化するストレージ密度とコンピューティング パワーを提供します。Windows Serverソフトウェア デファインド(WSSD)ソリューションは、マイクロソフト社が検証した設計を使用し、シームレスな展開と安定した運用環境のための技術的なベストプラクティスに準拠しています。それによりDell EMCはお客様の設計と構築のための検討期間の短縮を実現するとともに、構築、保守サービスの一元化された窓口を提供します

価格と提供について

■価格: 個別見積もり

 

■提供開始時期:

  • 「ECS.Next」および「ScaleIO.Next」は、2017年下半期に全世界で提供開始予定です。
  • 「ECS Dedicated Cloud Service」および「IsilonSD Edge」は、2017年第2四半期に全世界で提供開始予定です。
  • 「Dell EMC ScaleIO Ready Nodes」および「Dell EMC VMware vSAN Ready Nodes」は、すでに全世界で提供開始しています。新しい第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバ向けには2017年中頃に提供開始予定です。
  • 「Dell EMC Microsoft Storage Spaces Direct Ready Nodes」は、2017年6月に全世界で提供開始予定で、新しい第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバ向けには2017年中頃に全世界で提供開始予定です。

 

■提供について:デル、EMCジャパンおよびEMCジャパンのビジネスパートナーから提供します。