当資料は、米国時間2017年7月12日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

米国リリース原文:  https://www.delltechnologies.com/en-us/press/realizing-2030-dell-technologies-research-explores-the-next-era-of-human-machine-partnerships.htm

 

2017年7月26日

デル株式会社

EMCジャパン株式会社

 

デル テクノロジーズ、
人とマシンの協調関係が切り拓く人類の未来」に関する調査レポートを発表

 

ニュースの概要

  • 20名を超える世界のエキスパートが、2030年までに先進テクノロジーによって社会とビジネス環境が刷新されると予測
  • 先進テクノロジーによって、人とマシンとの関係が一新され、より深く、より没入的な関係となる
  • 人は「デジタル コンダクター」としての役割を果たすようになり、ビジネスの進め方、人材の見つけ方、学習方法が、現在とは大きく異なるものになる

 

2017712日、テキサス州ラウンドロック発

デル テクノロジーズは、「人とマシンの協調関係が切り拓く人類の未来」に関する調査レポートを発表し、2030年にはすべての企業がテクノロジー企業になるため、今から自社のインフラストラクチャと働き方を将来の変化に適応させていくためにどうすれば良いのかを考え始める必要があるとの見解を明らかにしました。IFTF(未来研究所:Institute for the Future)および20名を超える世界のテクノロジー分野、学術分野、事業分野のエキスパートが主導した本調査「The Next Era of Human-Machine Partnerships(人とマシンの協調関係が切り拓く人類の未来)」は、人工知能(AI)やロボット、仮想現実(VR)/拡張現実(AR)、クラウド コンピューティングといった先進テクノロジーが、これからの10年間におけるライフスタイルとビジネスシーンをどのように変革するのかを検証しました。また、未来のために、消費者と企業はどのような準備ができるのかという点についても、知見を示しています。

 

本レポート(英語)サマリー(日本語))では、ソフトウェア、ビッグデータ、処理能力の飛躍的な進歩に支えられた先進テクノロジーによって、日常生活を取り巻くさまざまな環境が刷新されると予測しています。社会とマシンとの関係は、下記のように特徴づけられる新たなフェーズに入るでしょう。

 

  • 現在をさらに上回る効率性と可能性の向上により、人はさまざまな限界を突破する。
  • テクノロジーが人の延長部分として日常的な活動の調整や管理を支援し、人は「デジタル コンダクター」としての役割を果たすようになる。
  • 高度なデータ主導型のマッチメイキング テクノロジーを基盤に「仕事の方から人材を求める環境」が現れ、企業は世界中から人材を見つけて仕事を任せることが可能になる。
  • あまりに急速な変化のペースを背景に新たな業種が創出され、生き残りのために新たなスキルが必要となる中で、人々は「その場」で学習するようになる。

 

デル テクノロジーズは、企業が不確かな世界を進み未来への準備を整えることを支援するために、本調査を委託しました。現在、デジタルによる破壊的変化によって、さまざまな業界で容赦ない見直しが進んでいます。また、世界中のリーダーが、自らの業界が今後どのようになるのかを予見することができない状況になっており、これは近代史上で初めてのことです。デルのDigital Transformation Index(デジタル トランスフォーメーション インデックス)によると、世界16カ国の上級意思決定者の52%(アジア太平洋地域および日本:61%)が、デジタル テクノロジーの進化によって自社が事業展開している業界で大きな破壊的変化を経験したと回答しています。また半数近くの企業が、今後3~5年で自社が時代遅れになる恐れがあると考えています。

 

本レポートにおけるその他のハイライトは次の通りです。

  • 2030年には、人間がテクノロジーに頼る関係が真のパートナーシップへと進化し、その中で人間がもたらす創造性、情熱、起業家精神、マシンがもたらすスピード、自動化、効率性が組み合わさり、その結果創出される生産性は様々な業種および職種に新たな可能性をもたらす。
  • 2030年までに、パーソナライズされ、統合されたAIアシスタントが、現在のアシスタントを大幅に上回る能力を持ち、予測的かつ自動化した手段で人をサポートするようになる。
  • テクノロジーが必ずしも人に取って代わることはなく、仕事を見つけるプロセスが一変し、「仕事」は場所ではなく一連のタスクを意味するようになる。機械学習テクノロジーによって個人のスキルとコンピテンシを検索することが可能になり、企業や組織はタスクごとに最適な人材を求めるようになる。
  • 2030年に存在する仕事のおよそ85%は、まだどのようなものなのか知りえない。変化のペースが速すぎるため、人々はARやVRなどの新しいテクノロジーを活用して「その場」で学習するようになる。知識そのものよりも、新しい知識を獲得する能力の方が高い価値を持つようになる。

 

2030年に関する予測「Realizing 2030」について(英語)

https://www.delltechnologies.com/ja-jp/perspectives/realizing-2030.htm

 

Institute for the Futureについて

Institute for the Future(IFTF、未来研究所)は、戦略リサーチおよび教育を目的とする、米内国歳入法第501条C項3号に基づく非営利団体で(「501(c)(3)団体」)、予測において50年近くの経験を有しています。IFTFの活動は、世界規模で社会および市場を変革する新しいトレンドおよび消えていくトレンドを明らかにすることが中核となっています。IFTFの調査活動は、行動につながる知見を生み出すために欠かせない将来の見通しを生成し、保健や医療からテクノロジー、ワークプレイス、学習、ヒューマン アイデンティティまで、深いレベルで変革をもたらす未来の幅広い領域を網羅しています。また、教育団体として、IFTFは公正使用(フェアユース)の規範を遵守し、クリエイティブ コモンズ4.0 国際ライセンス(CC BY-NC-ND 4.0)に基づき公有に属する資料のみを公開しています。IFTF本部は米カリフォルニア州パロアルトにあります(IFTFホームページ: www.iftf.org)。

 

# # #

 

■デル テクノロジーズについて

デル テクノロジーズは、企業がデジタルの未来を構築して IT 環境を変革し、最も重要な資産である情報を守るために不可欠なインフラストラクチャを提供する企業が融合された、他に類のない卓越した企業ファミリーです。Fortune 500にランキングされている企業の 98%から消費者まで、世界180 カ国のあらゆる規模の企業およびお客様を対象にデル テクノロジーズは、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なポートフォリオを提供します。

 

# # #

 

© Copyright 2017 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。