当資料は、2018年4月30日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

米国リリース原文: https://www.delltechnologies.com/en-us/press/dell-technologies-capital-announces-strong-exit-investment-momentum-in-its-first-year-out-of-stealth.htm

 

2018年5月7日

デル株式会社

EMCジャパン株式会社

 

Dell Technologies Capital、ステルス モードの解除から1年間の堅調なイグジットと投資実績を発表

24件の投資を完了 - 「ユニコーン企業」3社のIPO(合計市場価額110億米ドル超)を含む11社がイグジットを達成

 

ニュースの概要

  • 2012年以降81社に投資 - 数多くの投資先企業が100%以上の成長率を記録し、複数企業が売上5,000万米ドル超
  • ステルス モードを脱して以降の1年間で24件の新規投資を実施 - AI(人工知能)とマシンラーニング(機械学習)に重点を置いた投資が3分の1を占め、残りはセキュリティ、次世代インフラストラクチャ、開発者エコシステムに投資
  • 投資先企業のうち11社がイグジットを達成し、うち3社は過去7カ月の間に上場 - DocuSign社、MongoDB社、Zscaler社のすべてが「ユニコーン企業(企業価値10億ドル以上のスタートアップ)」で、合計の市場価額は110億米ドル超
  • クラウド時代のネットワーク セキュリティの変革をリードするパイオニアであるZscaler社(NASDAQ: ZS)が2018年3月に上場 - Dell Technologies Capitalは、2012年の最初の機関投資ラウンドにおける最大のリード インベスターとして投資を実施
  • 主なM&A取引 - VMwareによるWavefront社の取得、VistaによるJAMF社の取得

 

2018430日、米カリフォルニア州パロアルト発

デル テクノロジーズのベンチャー投資事業部門であるDell Technologies Capitalは本日、ステルス モードを脱して以降の1年間における堅調な投資実績を発表しました。2017年5月から2018年4月の期間において、Dell Technologies Capitalは1億米ドルの年間投資平均ランレートの一環として、24件の新規投資およびフォローオン投資を行いました。2012年以降にDell Technologies Capitalが行った投資は81件で、幅広いテクノロジー領域を網羅するアーリー ステージのスタートアップ企業に焦点を当てています。過去1年間、AIとマシンラーニングに重点を置いた投資が3分の1を占め、残りはセキュリティ、次世代インフラストラクチャ、その他デル テクノロジーズ ファミリー各社にとって戦略的なテクノロジー分野となっています。

 

過去7カ月の間にイグジットした企業は11社で、うち3社が上場しています。Dell Technologies Capitalが初の機関投資家として投資した、クラウド時代のネットワーク セキュリティの変革をリードするパイオニアであるZscaler社(NASDAQ: ZS)2018年3月MongoDB社(NASDAQ: MDB)は2017年10月にそれぞれ上場し、DocuSign社(NASDAQ: DOCU)もつい先日上場しました。3社合計の市場価額は110億米ドルを超えており、スタートアップ企業の成功を支援するとともに早いタイミングで投資の好機を捉えることができるDell Technologies Capitalの能力をあらためて示す結果となっています。Dell Technologies Capitalの投資先企業には、現在100%以上の成長率で伸びているスタートアップ企業および売上5,000万米ドル超の企業も複数含まれています。Dell Technologies Capitalの現在の投資先企業の一覧はhttps://www.delltechnologies.com/en-us/capital/ventures/portfolio.htmでご覧いただけます。

 

Dell Technologies Capitalのプレジデント、スコット ダーリング(Scott Darling)は次のように述べています。
「昨年の Dell EMC Worldでステルス モードから脱して以来、当社は大変忙しく、また大きな成功を遂げた一年を送ることができました。この間継続して堅調な成果を挙げていること、またDocuSign社、MongoDB社、Zscaler社の上場が市場に受け入れられたことを嬉しく思います。当社がデル テクノロジーズおよび投資先のスタートアップ企業にもたらす真の価値は、お互いの連携の上に成り立っています。このような連携によって、より迅速にBOB(ベスト オブ ブリード)ソリューションをお客様へ提供することができます。これは、特に新しいテクノロジー分野で顕著です」。

 

Dell Technologies Capitalは、オペレーションと投資の両方のノウハウを持つ経験豊富な業界プロフェッショナルで構成され、有望なテクノロジーやチームを見出す知見だけでなく、投資対象企業の大規模な成長を支援する知識と能力を兼ね備えています。同社は、新しいテクノロジー分野におけるアーリー ステージの投資に重点を置いています。これにはIoT(モノのインターネット)やAI、マシンラーニング、開発者主導インフラストラクチャ、次世代インフラストラクチャ、サーバレス コンピューティング、セキュリティなどの分野が含まれていますが、これらだけに限定されません。

 

主な投資先企業のハイライト

Dell Technologies Capitalの投資先企業は、G2000企業が直面している業界で最も複雑な問題へのソリューション提供において、引き続きリーダーシップを確立しています。

  • Cylance社はサイバーセキュリティ分野で業界をリードするスタートアップ企業の1社で、最初の製品出荷からわずか39カ月で、直近12カ月のGAAP収益が1億米ドルを超えたことを発表しました
  • Graphcore社のインテリジェンス プロセッシング ユニット(IPU)は、設計段階からマシン インテリジェンス ワークロードに特化した初のテクノロジーです。同社のIPUプラットフォームは、パフォーマンスと効率の向上、またクラウドおよびエンタープライズ データセンターにおけるAIアプリケーションのアクセラレーション コストの削減を実現できるように設計されています。Dell Technologies Capitalは、2017年にシリーズAラウンドを共同で進めました。その後、同社は2つの資金調達ラウンドで成功を収めています(シリーズBはAtomico社、シリーズCはSequoia Capital社が主導)。
  • Minio社はオープンソース オブジェクト ストレージ分野において最も急成長している企業で、Docker Pull(Dockerからのイメージ取得)は7,000万を超えています。 多くのエンタープライズ企業が、同社のテクノロジーによってハイパフォーマンスでセキュアなAmazon S3互換プライベート クラウド ストレージを構築しています。
  • Moogsoft社はITオペレーションへのAI応用(AIOps)における市場リーダーの1社で、同社が構築したAIOpsソリューションによってITアラートとチケットの量が最大99%削減されるため、IT部門はより迅速かつスマートに業務を遂行し、質の高いカスタマー エクスペリエンスを提供することができます。つい先頃同社はGoldman Sachs社主導でシリーズDラウンド、4,000万米ドルの資金調達を行いました。
  • RedLock社はAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloudの幅広い環境にわたり、クラウドにおける脅威に対する効果的なセキュリティ ソリューションを提供しています。同社は、Amazon GuardDutyおよびGoogle Cloud Platform向けCloud Security Command Center のリリースにおける主要パートナーの1社となっています。

 

Dell – VMware - Pivotalの優位性

投資活動および業界の幅広い関係性を基盤に、Dell Technologies Capitalはデル テクノロジーズのビジネス ユニットにさまざまな企業との価値ある関係を提供します。

  • BlueData社 - 業界をリードするBDaaS(サービスとしてのビッグデータ)ソフトウェア プラットフォームを提供する同社は、Dell EMCの「Technology Connect Partner Program」の選抜パートナーの1社です。両社は共同で市場展開を進める関係にあり、エンタープライズ環境におけるビッグデータ アナリティクス、データ サイエンス、マシンラーニングのオンデマンド アジリティ(俊敏性)とコスト削減を実現します。
  • Cylance社 - 同社のAdvanced Threat Protectionクライアントは Dell Endpoint Security Suite Enterpriseと統合されており、既存のデスクトップおよびVDIデスクトップをサポートしています。Cylance社はVMwareのWorkspace ONE Trust Networkもサポートしており、簡素化した管理環境およびユーザー、エンドポイント、ネットワークのセキュリティを、Cylance社の自動化した予測的セキュリティ機能と統合します。
  • Edico Genome社 - 同社がデル テクノロジーズとともに提供するカスタマイズ不要ですぐに利用できる事前構成済みのソリューションによって、標準的なソフトウェアでは24時間以上を要していたゲノム全体の解析を22分で実行することが可能になります。
  • Faction社 - マルチクラウドPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)ベンダーの同社は、複数のパブリック クラウド インフラストラクチャで稼働しているアプリケーションに比類ないパフォーマンスとコントロールを提供します。同社はDell EMCおよびVMware Cloud on AWSと連携しており、ユーザーはvSphereベースのクラウド環境でアプリケーションを実行し、幅広いAWSサービスでオンプレミスと同じパフォーマンスを実現できます。
  • Graphcore社 - 同社はデル テクノロジーズのOEMおよび製品統合機能を活用することで、革新的なAIおよびマシンラーニング処理テクノロジーとプラットフォームを幅広い層の顧客に提供しています。
  • Minio社 - Pivotal Cloud Foundry(PCF)向けのマルチ クラウド オブジェクト ストレージを提供しています。基盤のクラウド インフラストラクチャに関係なく、Amazon S3互換APIで標準化することにより、アプリケーションのポータビリティを実現できます。Minioストレージは、BOSH パッケージまたはPivotal Tileとしてわずか数分で実装できます。

 

# # #

Dell Technologies Capitalについて

Dell Technologies Capital(デル テクノロジーズ キャピタル)は、起業家とそのチームによる革新的なテクノロジー ソリューション開発と市場展開の支援をミッションに企業づくりを行っています。また、積極的な投資企業として、年間約1億米ドルのペースでコンスタントに投資を実行しています。デル テクノロジーズの企業ファミリー(Dell、Dell EMC、Pivotal、RSA、SecureWorks、Virtustream、VMware)のグローバル投資事業部であるDell Technologies Capitalは、投資企業に対し、ビジネスおよびテクノロジーに対する深い知見と、他にはない市場展開の支援を提供いたします。5年間非公開の活動をした後、2017年にその存在を明らかにし、現在は、米国カリフォルニア州パロアルトの本社を拠点にマサチューセッツ州ボストン、テキサス州オースティン、またイスラエルのヘルツリーヤにオフィスを構えています。同社の詳細はwww.delltechnologies.com/capital をご覧ください。

 

■デル テクノロジーズについて

デル テクノロジーズは、企業がデジタルの未来を構築して IT 環境を変革し、最も重要な資産である情報を守るために不可欠なインフラストラクチャを提供する企業が融合された、他に類のない卓越した企業ファミリーです。Fortune 500にランキングされている企業の99%から消費者まで、180カ国にわたるあらゆる規模の企業およびお客様を対象にデル テクノロジーズは、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なポートフォリオを提供します。

 

# # #

© Copyright 2018 Dell Technologies、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell, Dell EMC, Pivotal, RSA, Secureworks, Virtustream, VMware及びDell Technologiesが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Technologies又はその関連会社の商標又は登録商標です。VMware、Wavefront、VMware Cloud、vSphere、Workspace ONE、Workspace ONE Trust Networkは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。