Windows8ではインターフェースがガラリと変わりました。

最初は操作方法で戸惑うこともあるかと思いますが、ショートカットキーが意外に便利です!

今回は、使用頻度が高そうなショートカットキーを選んでみましたのでごご紹介します。

  

■主要なメニューを開く(Windows + X)

スタート画面でもデスクトップ画面でも有効です。続けて、メニュー内の右端のアルファベットを押すと、それぞれのメニューを直接開くことができます。

 

 

■スタート画面に戻る(Windowsキー)

デスクトップ画面や各アプリを開いた状態から、スタート画面に戻れます。

 

 

■チャーム開く(Windows+C)

 

 

■[すべてのアプリ]を開く(Windows+Z のあとEnter)

  

■[設定]を開く(Windows+I)

電源を切る、パソコン設定の変更などがこの中にあります。

  

■起動中のアプリを切り替える(Alt+Tab)

  

■デスクトップ画面を開く(Windows+D)

  

■デスクトップ画面で[コンピューター]を開く(Windows+E)

スタート画面からでもダイレクトに開きます。

  

■デスクトップ画面で[ファイル名を指定して実行]を開く(Windows+R)

スタート画面からでもダイレクトに開きます。

  

■アプリケーションを閉じる(Alt+F4)

  

■ファイルの検索(Windows+F)

 

■その他に以下のようなショートカットもあります

・デスクトップ画面でタスクマネージャーが選択された状態にする(Windows+T)

・デスクトップ画面で通知領域が選択された状態にする(Windows+B)

・デスクトップ画面で[コンピューターの簡単操作センター]を開く(Windows+U)

・デスクトップ画面ですべてのウィンドウを最小化する(Windows+M)

・設定の検索(Windows+W)

・セカンドスクリーンの設定(Windows+P)

・[共有]を開く(Windows+H)

・[デバイス]を開く(Windows+K)

・画面をロックする(Windows+L)

・画面表示の拡大(Windows+ +<プラス>)

・画面表示の縮小(Windows+ -<マイナス>)

・透過的にデスクトップを見る(Winodws+ ,<カンマ>)

・アプリの検索(Windows+Q)