インテル vPro テクノロジを試してみましょう。 - テックセンター - Blog - テックセンター - Dell コミュニティ
テックセンター

インテル vPro テクノロジを試してみましょう。

インテル vPro テクノロジを試してみましょう。

 インテルのvProテクノロジを活用すればPCの管理をこれまで以上に効率よく行うことができます。例えばvProテクノロジを使えばOSがクラッシュしてしまったような場合でもリモートで管理することができます。通常管理される側のソフト(エージェント)はOS上で稼働しているのでOSがクラッシュしてしまえばこれらのエージェントソフトもダウンしてしまいリモートでは管理できなくなってしまうのです。しかしインテルのvProテクノロジPCでは「パソコンの画面が真っ青になってしまったから来てください!」とユーザーから言われてもリモートでコントロール、復帰することも可能なんです。このように便利な機能を持つvProテクノロジですが通常はOSでやっている設定をハードウェア(ファームウェア)でやらねければいけないので若干初期導入のステップが増えます。しかしながら基本的な設定です。コツをつかんでしまえばそんなには難しくはありません。まずはDellのOptiplexデスクトップを使っての設定を見てみましょう。なお今回は2台のPCを準備し、vProテクノロジの一つの機能であるAMTの機能を試してみました。2台のPCは管理する側と管理される側(vProテクノロジ搭載システム)です。

-MEBx BIOSの設定(管理される側のvProテクノロジ搭載システム)

 vProテクノロジの機能を使えるように設定するためにはMEBx BIOSという新しいBIOSの拡張を呼び出さなければいけません。このMEBx BIOSはPCが起動して図-1の画面が表示されたときにコントロールキーと"P"を同時に押すことによって呼び出すことができます。まず最初にパスワードに入力が求められます。(図2) 初期パスワードは"admin"です。初期パスワードを入力したあとに新しいパスワードに入力を求められます。

 

               図 1                                図 2

そのあとMEBXの設定画面が出てきます。(なお今回はネットワークのIPアドレスはDHCPサーバーが他にありそちらから供給されるということを前提としております) 次の手順で設定してください。

  1. "Intel AMT Configuration"を選択
  2. ."Manageability Feature Selection"で"Enable"を選択
  3. "SOL/IDE-R","Legacy Redirection Mode"で"Enable"を選択する。
  4. ESCを押して一番最初の画面に戻る。
  5. "Intel ME General Settings"を選択する。
  6. "Activate Network Access"を選択、"Y"を押してネットワークの設定をアクティブにする。
  7. これで設定は終了です。メインメニューまで戻ってESCを押してMEBxBIOSを抜けてPCを再起動してください。

-管理する側のシステムの設定

 今回はインテルから出ている"Manageability Developer Tool kit"を管理する側のシステムに入れて先程設定したvProテクノロジ搭載PCをリモートで管理してみましょう。なお管理する側のシステムはvProテクノロジ搭載PCである必要はありません。インテルのツールはこちらからダウンロードすることができます。 http://software.intel.com/en-us/articles/download-the-latest-version-of-manageability-developer-tool-kit/ (英語)
  ダウンロードしたファイルをダブルクリックで起動すればインストールが始まります。インストールが終了したらデスクトップ上の"Manageability Commander Tools"を起動してください。(図 3) メインメニューで"Start"を押してネットワーク上のvProテクノロジ搭載PCを発見することができます。発見できればこのPCをリモートで電源をオフしたりオンしたり、BIOSの設定を変更したり、KVMを使って画面を操作したりすることができます。ぜひお試しください。



 

   

            図 3                                   図 4

 

0
  • 便利ですね。Opti Plex980 で試しましたが、MEBxの画面を呼び出すのに図1の時にF12(Boot Options)を押し、次の画面でMEBxを選択してもOKでした。