デル・エデュケーションサービス 中川です。

デルEqualLogic PSシリーズは、お客様がご自身で導入される機会が多いストレージ製品です。ヴイエムウェア認定トレーニングセンターでお客様向けトレーニングサービスを提供している中から、VMwareとEqualLogic連携のTipsを、5回の投稿に分けてご紹介いたします。

 

 

過去、4回に渡ってご紹介してきたEqualLogicとvSphere連携ブログの最終回です。今回は、「Profile-Driven StorageとVMware vStorage APIs for Storage Awareness(VASA)」についてご紹介します。

 

第一回 vSphereのPortBind

第二回 EqualLogicのMEM(Multipathing Extension Module)

第三回 VAAI(VMware vStorage APIs for Array Integration)

第四回 EqualLogicのHIT/VE (Host Integration Tools for VMwae)

第五回 Profile-Driven StorageとVASA (VMware vStorage APIs for Storage Awareness) このエントリ

 

VASAをご紹介する前に、vSphere 5から提供された”Profile-Driven Storage”を紹介します。これは、ストレージとサーバ間の緊密な連携によるストレージ管理を提供し、サービスレベルを定義したインテリジェントなプロビジョニングなどを実現するvSphereの機能の一つです。

 

Profile-Driven Storageを使用すると、以下の3つのが実現できます。

  1. サービスレベルを基準にしたデータストアの分類
  2. 仮想マシンのディスクを適切なストレージにプロビジョニング
  3. 仮想マシンがストレージ要件に準拠しているか確認

 

つまり、サービスレベルを定義したデータストアを分類し、新規VMの作成やクローン作製、またはStorage vMotion/データストアの移行といった作業時に最適なストレージを容易に選択できることを可能にし、仮想マシンが正しいストレージを利用しているか、すぐに確認することができます。

 

このサービスレベルを定義するデータストアの分類において、VASA(vStorage APIs for Storage Awareness)が役立ちます。VASAが提供された事で、デルではEqualLogic用のソフトウェアコンポーネント(VASAプロバイダ)を開発しました。

 

Profile-Driven Storageにおいて、「サービスレベルを基準にしたデータストアの分類」するためのストレージ機能は、VASAプロバイダが提供する「システム定義」と、ユーザーがデータストアと関連付けする「ユーザー定義」の2つから構成することができます。

 

ストレージが提供するVASAプロバイダが管理者にもたらすメリットには以下があります。。

  • 仮想マシンが格納されている物理ストレージの「トポロジ」「機能」「状態」を把握できる
  • 物理ストレージの動作状態と使用率を監視できる
  • 容量、パフォーマンス、サービスレベルの要件を満たす適切なストレージを選択できる

 

つまり、VASAプロバイダを利用する事で、ストレージのトポロジ、機能、状態をvCenterに伝達し、ユーザーはvSphere Clientから知る事が可能です。

  

※図は、仮想マシンのストレージプロファイルと、定義、VASAが提供するストレージの情報を表してます。

 

実際、どのように見えるか確認してみます。

VASAプロバイダが有効にしている際の、Storage vMotionを行う前の画面です。仮想マシンの移行用ターゲットストレージを選択する画面に、”互換性あり”と”互換性なし”のデータストアが存在するのが確認できます。互換性ありを選ぶことで最適なストレージを選択できる事がお分かりいただけると思います。

図11

<Storage vMotion画面>

 

同様に、仮想マシンの新規作成時に、Replication機能を設定したデータストアを使用した例でも同様の表示が出てきます。


<仮想マシンの新規作成画面>

 

仮想マシンのストレージコンプライアンスの確認

仮想マシンがストレージ要件に準拠しているか確認する際は、”コンプライアンスに準拠”という表示と、緑のチェックマークで確認する事が可能です。

  図13

 

これがProfile-Driven StorageとVASAによる連携で実現する機能です。ストレージとサーバ間の密接な連携により、インテリジェントなサービスレベルを定義したプロビジョニングが容易に行う事に、VASAが支援することが分かりました。 ご理解いただけましたでしょうか?

  

  

以降は、実際に設定してみたキャプチャをご紹介していきます。

  

VASAプロバイダを有効にして確認してみよう。

VASAプロバイダを利用するには、EqualLogicのHIT/VE(無償提供)が必要です。このHIT/VEから、VASA機能を有効にします。これだけです!

図1

<HIT/VEで有効化する画面>

 

vSphere Clientで、VASAプロバイダの登録を確認することが可能です。

図2

<vSphere Clientの画面>

 

VASAプロバイダが提供するEqualLogicの情報

vSphere Clientから「ストレージ機能の管理」をクリックするとVASAプロバイダが提供するEqualLogic情報が確認できます。 

  

図0

VASAプロバイダが提供する情報は、「Profile-Driven Storage」内の1つのコンポーネントである「ストレージ機能情報」のシステム定義で利用されます。

Profile-Driven Storageのもう1つのコンポーネントに、「仮想マシンストレージプロファイル」があります。

 

 

仮想マシンストレージプロファイルを作成し、仮想マシンに関連付けよう!

  • Profile-Driven Storage構成手順
    ~ VASAプロバイダが提供するシステム定義を使用した場合 ~
  1. ホストまたはクラスタ上で仮想マシンストレージプロファイル機能を有効にする
  2. 仮想マシンストレージプロファイルを作成する
  3. 仮想マシンストレージプロファイルを仮想マシンに関連付ける

 

1.仮想マシンストレージプロファイル機能の有効にします。

図4

 

2.仮想マシンストレージプロファイルの作成をします。

図5
図6

図7

※VASAプロバイダが提供するシステム定義をここで指定します。

図8

※Snapshot機能を設定したデータストアを使用した例になります。

 

3.仮想マシンストレージプロファイルの関連付けをします。
図9

図10

 

以上です。vSphere 5になって、サービスレベルの定義をきっちりと行う事が可能になってきました。

 

実機を通して理解を深めたい方には、トレーニングの受講をご検討いただければ幸いです。

  • VMware vSphere 5.0: What's New
    <開催日程> 9/12(水)-13(木) と、11/7(水)-8(木) 

コースの詳細はこちら http://www.dell.com/jp/DES

  

5回にわたり、VMwareとEqualLogicの連携機能についてご紹介させていただきました。EqualLogicでは、VMwareの環境をより効率化するための機能が様々提供されております。ぜひご活用ください。

 

EqualLogicや、VMware vSphere製品を、まだご利用されていないお客様がいらっしゃいましたら、EqualLogic基礎編のコンテンツを、Wikiに掲載していますので、そちらもご覧ください。

 

VMware認定のトレーニングコースを、ナカナカ受講できないお客様も数多くいらっしゃると思います。「ちょっと質問したいなぁ」、「使ってみた感想を他のユーザーにも共有したいなぁとお考えの方は、ストレージ・フォーラムをご活用ください。

 
5つのEqualLogicとvSphereの連携のエントリの他にも、様々なTipsを用意して、コースを準備しています。デル・エデュケーションサービスにもご参加ください。お待ちしております。
 
  デル・エデュケーション・サービス 
  トレーナー 中川明美

 
 
現在、EqualLogicのユーザー様限定、ユーザーコミュニティにご参加されている方向けに、第2回 Dell EqualLgoic User Forumを、9月12日(水)東京・品川にて開催いたします。詳細はDell EqualLogicユーザーコミュニティサイトをご覧ください。  http://www.eql-ug.jp/