こんにちは。デル・ソフトウェアの山本です。
このシリーズでは、定番バックアップソフトウェアNetVault Backupで、
VMwareの仮想マシンなどをバックアップするところまでを、くわしく解説していきます。

> NetVaultサーバ インストール後の作業

前回(第4回)は、Windows環境でNetVaultサーバをインストールして、管理GUIを起動するところまで確認しました。
この後の作業としては、バックアップ対象とバックアップ先をNetVaultサーバへ登録すればバックアップを始めることができます。
流れを図5-1にまとめました。

図5-1: NetVaultインストール作業の流れ。

 

■step1 NetVaultサーバをインストールする

前回(第4回) NetVaultサーバをインストールしてみました。
たとえば小規模(単体)構成の場合で、他にバックアップ対象がなければstep2とstep4を省略してバックアップ装置の設定に進みます。

■step2 NetVaultクライアントをインストールする

NetVaultサーバ以外に、バックアップ対象マシンがある場合、NetVaultクライアントをインストールします。
インストールの方法はNetVaultサーバとほぼ同じです。
インストールタイプの選択でクライアントを選択してインストールを進めます。

■step3 NVBU コンソールを起動する

前回(第4回)  の最後に起動してみたとおり、スタートメニューからNVBUコンソールを起動します。

■step4 NetVaultクライアントを追加する

step2でバックアップ対象マシンにNetVaultクライアントをインストールしましたが、インストールしただけでは、NetVaultサーバから管理できません。
NetVaultサーバで、複数のNetVaultクライアントのバックアップ/リストアをまとめて行うには、バックアップ対象となるNetVaultクライアントを、NetVaultサーバ管理下に追加する作業が必要になります。
クライアントウインドウを開き、NetVaultクライアントを追加します。

■step5 バックアップ装置の設定を行う

デバイス管理ウインドウを開き、バックアップ装置の登録を行います。
NetVault Backup9.0.1が登録できるのは、単体テープ装置、集合型テープ装置(オートローダ、テープライブラリ)、VTL(仮想テープライブラリ)、NetVault SmartDisk、DDBoostデバイス、になります。

■step6 バックアップを行う

バックアップ元(NetVaultクライアント)、バックアップ先(バックアップ装置)の準備ができれば、バックアップを行うことができます。
バックアップウインドウを開き、バックアップジョブを作成します。

◇ 

 > NetVaultクライアントを追加する

それでは前回step3 NVBUコンソール起動まで進めたことになりますので、引き続き、step4 NetVaultクライアントの追加 まで進めましょう。