本日 (2013年10月18日) より提供開始された Microsoft Windows 8.1。
Windows 8 のリリースから1年で、ユーザーの声を反映して、たくさんの機能強化が図られています。

Windows 8 ではPCを起動すると、まずスタート画面 (Modern UI) が表示され、デスクトップのタイルをクリックしなくては、おなじみのデスクトップ画面が表示されませんでした。

実はこれ、結構「手間」と感じるビジネスユーザーが多かったのでは?

そこで Windows 8.1 では、スタート画面 (Modern UI) を経由しないでいきなりデスクトップを表示することが可能になりました。

設定方法は簡単です。

  1. デスクトップを表示して、タスクバーを右クリックして「プロパティ」を選択。
  2. 表示されるウィンドウの「ナビゲーション」タブをクリック。
  3. 下記にある通り、「スタート画面」の下にある
    サインイン時または画面上のすべてのアプリが終了したときに、スタート画面ではなくデスクップに移動する
    にチェックを入れて「適用」→「OK」

これで完了です。
ぜひお試しください!

 

【関連リンク】

テックセンター Wiki - Microsoft Windows 8 リソースセンター
http://ja.community.dell.com/techcenter/software/w/wiki/450.microsoft-windows-8.aspx

テックセンター ブログ - ビジネス向け Windows 8 搭載タブレット PC、Latitude 10 が提案する新しいワークスタイルをビデオで紹介します!
http://ja.community.dell.com/techcenter/b/weblog/archive/2013/02/05/windows-8-pc-latitude-10.aspx