皆さま、こんにちは

スケーラブルシステムズの戸室です。

前回は、複数のデル社サーバを仮想化によって、単一のサーバとして利用可能とする仮想化ソフトウエアをご紹介しました。この仮想化ソフトウエアはどのように利用されているかを紹介します。お客さまの課題とそれに対するソリューションの紹介になります。

お客様の抱えておられる様々な課題に対して、新しい切り口でのご提案の参考になればと思います。

お客様事例1)

課題) 複数のシステムを通常のOSだけで管理出来ないだろうか? 計算能力は必要なんだけど、クラスタを導入して、運用するのは、ちょっと面倒だな。。。(大手製造業様)

プロセッサのマルチコア化が進んでも、それ以上の計算能力は常に求められています。特に、汎用アプリケーションを利用されるケースでは、「クラスタ」を利用することで、大規模な解析を短時間で処理出来ます。ただ、「クラスタ」を導入するには、専門の知識なども必要になる場合もあり、躊躇される場合もあると思います。

そのような時に、vSMP Foundation でクラスタを「ワークステーション化」することで、簡単に構築して、運用・利用が可能になります。

クラスタを仮想化し運用と管理の容易なシングルシステムを構築可能になることで、管理の複雑なクラスタソリューションに代わる理想的な選択肢が提供されます。

クラスタシステムには少額の設備投資で高い性能を実現するメリットがありますが、複雑なインストールや管理、さらに高額な運用コストが理由でクラスタの実装を躊躇しているユーザも少なくありません。

vSMP Foundationのサーバ統合ソリューションでは、多数のシステムの容易なメンテナンスと管理が可能になります。

 

お客様事例2

課題)アプリケーションの実行をより高速で実行するために、より大容量のメモリを搭載したサーバを廉価なサーバで構築出来ないだろうか?(大学バイオサイエンス研究所様

生体の設計図であるDNAの構成解析では、遺伝子情報というビッグデータの解析を高速で実行する必要があります。このようなビッグデータの活用には大規模なメモリが不可欠です。大規模シミュレーションでも大規模メモリが欠かせません。より多くのデータを高速なメインメモリに保持しておくことで、シミュレーションの高速な実行やビッグデータを活用した洞察力の強化が可能になります。

vSMP Foundationは、大規模メモリへの容易なアクセスを実現し、複雑なプログラミングなしにあらゆるアプリケーションにおいてデータセットのサイズを柔軟に拡大することができます。

お客様事例3

課題)アプリケーションの特性に応じて、システムを再構成して、ジョブの実行環境を動的に構築出来ないだろうか??(研究機関のコンピュータセンター様)

アプリケーションにおけるニーズの変化に伴ってサーバのワークロード要件も変化します。

アプリケーション実行の生産性を最大限に高めるには、最適なシステムを構築することがもっとも重要です。

vSMP Foundationが備えるオンデマンドコンピューティング能力により、ユーザのアプリケーションの大規模メモリまたはCPUに対する要求に応じて、シングルインスタンスのOSで大規模メモリVMあるいは共有メモリVMを作成し、柔軟に利用することができます。ワークロードが変化した時には、サーバを解放してクラスタに戻すことができます。

このオンデマンドコンピューティングをバッチシステムに組み込んで、動的にシステムのプロビジョニングを実施することも可能です。このような柔軟なシステム利用が可能なことは仮想化のメリットです。

バッチシステムへの組み込み

  1.  ジョブの投入
  2. 要求されるリソースに応じたvSMP Foundation用ノード選択
  3. 対象ノードのリブート
  4. vSMP FoundationによるSMPシステムとしてのプロビジョニング
  5. 全てのソフトウエアコンポーネントのインストールとクラスタへの組み込み(クラスタノード)
  6. vSMP Foundation のリソースを必要とするジョブの実行
  7. ジョブの完了後、vSMP プロビジョンノードを通常ノードに転換

vSMP Foundation の利用事例を示しました。もちろん、これだけが、vSMP Foundationの利用事例ということではありませんが、幾つかの典型的な事例としてご紹介致しました。マイクロプロセッサは、マルチコアが主流となり、新しい世代のプロセッサではより多くのプロセッサコアが搭載されます。一方、マイクロプロセッサの動作クロックは、コア数に反比例してより低いクロックでの動作となります。vSMP Foundation を利用することで、3.5GHzを超えるような高速クロックのプロセッサを利用して数百コアを共有出来るサーバを仮想化で構築することも出来ます。

今後、このような仮想化ソリューションが皆様の問題解決のお役に立てればと思いますので、皆様が抱えている課題やニーズ等がございましたら、お気軽にお尋ねいただければと思います。

スケーラブルシステムズ株式会社

http://www.sstc.co.jp/vSMP