(この記事は米国 Dell4Enterprise ブログの抄訳です。オリジナルは こちらからご覧いただけます )

あなたの組織はどの程度将来への備えを行っていますか? ITリソースを拡張しすぎではありませんか? あなたのIT 部門は問題の解消だけに全ての時間を費やしていませんか? IDC Future Ready Index は、それが組織の競争力にどれだけ大きな影響をもたらすかの検証を行いました。未来創造企業 (Future Creator) と呼ばれる、最も将来への備えを行っている企業と、そうでない企業との差が顕著に現れました。

IDC ホワイトペーパーによると、最低限の将来への備えしか行っていない企業に対し、未来創造企業はこの3年間で利益を倍増させています。また、従業員の生産性に関しても、現在集中企業と呼ばれる最低限の将来への備えしか行っていない企業が 20% 程度の向上であるのに対し、未来創造企業は 39% という2倍に近い向上を見せています。

将来の備えへの道のり

大全グループは、将来を見据えたソリューションが IT による成果を改善することを理解しています。この中国系電気機器メーカーは、デルの Flash Storage をクラウド、ビッグデータ分析、またデスクトップ仮想化ソリューションへ導入することで、データ転送速度が 100〜200 % も向上することに気づきました。

大全グループはあくまでもひとつの例です。IPServerOneJTG Racing福建師範大学も、将来の備えへの道のりを歩み始めています。あなたの組織が、上位 18 % 以内とされている未来創造企業として IDC から認められているかどうかに関わらず、あなたのビジネスも将来の備えに関するスケールを大きく持つことにより、同様のメリットを得ることが可能です。

実際、IDC の調査から得られた最も重要なことは、将来への備えは連続的であるということです。現在、あなたが将来の備えへの道のりのどのステージにいるかに関係なく、将来への備えを増やすことにより、最も差し迫ったニーズに対応するテクノロジーに集中することができます。IDC によると、未来志向の組織的な実践とはコスト管理、よりスケーラブルなインフラストラクチャーの創造、そして将来のチャレンジに対する準備です。この IDC の調査で定義されたその他の重要な分野は、コンバージド・インフラストラクチャー、クラウド、ビッグデータです。

行動を起こす準備はできましたか?

将来への備えを行っている IT が、今日のビジネスにどのような結果をもたらすかをご覧ください。IDC 調査のホワイトペーパーのダウンロード、ご自身の将来への備えを評価するオンラインツールへのアクセス、次なるステップの計画については「IDC: 将来を見据えたIT = ビジネスの成果向上」ページでご確認ください。


出典:デル主催の IDC 顧客調査、”The Future Ready Enterprise:今日のビジネスの推進と明日の課題への準備”、2015年10月

 

 

デルの製品またはソリューションに関するお問い合せは
こちらからご連絡ください。