ファイブナインの基準は、ダウンタイムを最小限に抑える取組みの一環として電気通信業界で生まれました。99.999%の可用性とは、ある環境のダウンタイムが年間5分以下であることを指します。

 

この資料では、ファイブナイン基準の意味を理解し、99.999%の可用性が組織にもたらすメリットや、デルCompellentストレージ製品が、どのようなアプローチで企業のストレージ環境の可用性とデータアクセス性を高めているか、ご紹介いたします。

  

昨年、デルTechcenterのブログで、Dell Compellentストレージについてご紹介をしてきました。そのリンクを改めてご紹介します。掲載した順番ではなく、カテゴリ毎にご紹介します。

 

ストレージの管理からデータの管理へ - Dell Compellent

機能と特徴

 

アプリケーションに最適化するストレージ

 

デルのもう一つの仮想化ストレージ、EqualLogicストレージとは、「仮想化・自動階層化」というキーワードで被ります。お客様の運用志向や要件によって選択できます。Dell EqualLogicとDell Compellentの共通点と相違点を紹介したブログです。

 

イベント告知 

Dell Compellentについては、2月20日(水)に東京で開催予定のDell Storage Forumにおいても、米国のCompellentテクノロジストによるNDAセッションや、世界最大の導入事例になる、北陸先端科学技術大学院大学様のセッションなど、予定しています。

Dell Storage Forum Tokyoにも是非ご参加ください。