みなさま、こんにちは。 ソフトバンクC&S の大塚です。

”NO VSAN, NO SDDC.” なvExpertがお伝えする VSAN 運用解説 は10回目、長々続いてしまった本シリーズですが….(汗)、そろそろ大詰めです。

今回はVSAN 4台構成におけるメンテナンスモード をみていきましょう。

 

それでは今回も DELL PowerEdge R630を使って動作をみていきます。

  

★VSANにおける3つのメンテナンスモード(おさらい)

本シリーズの第5回では、VSAN 3台構成におけるメンテナンスモードをお話しましたが少し振り返ってみます。

  

ESXi をメンテナンスモード移行する際、VSAN構成では、どのモードで実施しますか?ときかれます。

 -全データの移行

 -アクセシビリティの確保

 -データの移行なし

 

今回のVSAN 環境では 仮想マシンはすべて FTT = 1 (データが2台の ESXi サーバにミラー)で定義されています。

その中で VSAN 3台構成とVSAN 4 台構成において、どのモードに違いがでますでしょうか?少し想像してみてください。

 

 

チチチチ・・・・・・ ポーン

 

 

もうこのシリーズをお読みの皆様はおわかりかと思います。そうですね、”全データの移行” の動作が異なってきます。

VSAN 3台構成では、仮想マシンはホスト的には移行してしまったけども、データは移行しないというちょっと不思議な?動作をしましたね。(もちろんメンテナンスモードも中断されてしまいました)

 

それではVSAN 4 台構成におけるメンテナンスモード、「全データの移行」をみていきましょう。

 

 

★VSAN 4台構成におけるメンテナンスモード 全データの移行

 

esxi 004をメンテナンスモードに移行してみましょう。

  

 

どのメンテナンスモードにするか選択できますので、”全データの移行”を選びます。

  

 

そうすると・・・・

データ退避が始まってますね!!

  

 

ちなみに、データの再配置中は、このように“再構成中”とでてますね!

  

 しばらくすると、esxi 004は無事にメンテナンスモードに移行します。

(ちなみに本環境は DRSが有効化されておりますので、esxi 004で動いていた仮想マシンは自動的に移行されています。DRSって便利ですね〜♪

 DRSに関してはVMwareさんのブログを参照ください。

https://blogs.vmware.com/jp-cim/2014/09/vsphere_kiso04.html

 

ESXi のメンテナンスが終わったら、メンテナンスモードの終了をするだけです。

※既に、FTT = 1 に準拠したデータ再配置をしておりますので、データがもとのESXiにコピーバック(みたいな)する動作もなく、メンテナンスモードもすぐ終了します。

 

 

★まとめ

VSAN 4台構成におけるメンテナンスモード、特に “全データの移行”をみていきました。VSAN 3台構成との違いがすぐにイメージできるとVSANをおおいに語れるような感じですね。

 

ちなみにメンテナンスモードですが、おそらく”アクセシビリティの確保”を選択することが一般的に多いのではないかとおもいますが、

この”全データの移行”を選択する場面として想定されるのは、主に以下の2点ではないでしょうか?

 -長期間のメンテナンス

 -クラスタからESXiの削除

 

あとTipsになりますが、”データの移行なし”、もしくは”アクセシビリティの確保”を選択したとしても、VSANで持っているタイマー時間を超えると全データが移行されてしまいます。

わたしたちも、検証中、全データ移行を選択していない際、いきなりデータ移行が始まったのでびっくりしました...

http://kb.vmware.com/kb/2075456

タイマーはデフォルトで60分に設定されておりますので、停止時間が長くなるようであれば、この辺ご考慮くださいね!

 

 

====Back Number====

(1)VSANって何が良いのか?

(2)障害試験〜3台構成でHDD交換

(3)障害試験〜3台構成でSSD交換

(4)障害試験〜3台構成でESX停止

(5)メンテナンスモード〜3台構成

(6)スケールアウト〜3台構成から4台構成への拡張

(7)障害試験〜4台構成でHDD交換

(8)障害試験〜4台構成でSSD交換

(9)障害試験〜4台構成でESX停止 

(10)メンテナンスモード〜4台構成

(11)まとめ

 

 

デルの製品またはソリューションに関するお問い合せは
こちらからご連絡ください。