こんにちは、ソフトバンク コマース&サービスの中川明美です。

今回は、VMware vRealize Operations for Horizon (V4H)のインストールと構成です。

 

必要なコンポーネントをあらためて確認します。 

V4Hのアーキテクチャのおさらい

V4Hで必要なコンポーネントは、「Broker Agent」「Viewアダプタ」「Desktop Agent」です。このBlogではV4H 6.1が前提です。最新の6.2では、Viewアダプタは「Horizonアダプタ」と名称変更されています。

各コンポーネントのインストール場所を確認します。インストールする前にシステム要件を満たしていることをご確認ください。

コンポーネント インストール場所
Broker Agent Connection Serverにインストールする
Viewアダプタ vRealize Operations Managerに追加する
Desktop Agent Horizon View 5.2 以降、および Horizon with View 6.0.x または VMware Horizon 6 version 6.1 環境の場合View Agentの一部としてインストールされる
 
 

V4Hインストールファイル
コンポーネント ファイル名
Broker Agent VMware-v4vbrokeragent-x86_64-6.1.0-<buildnumber>.exe
Viewアダプタ VMware-vrops-viewadapter-6.1.0-<buildnumber>.pak
Desktop Agent
View 5.0 および 5.1使用時、仮想デスクトップにインストールが必要です
VMware-v4vdesktopagent-6.1-<buildnumber>.exe
VMware-v4vdesktopagent-x86_64-6.1-<buildnumber>.exe
 
 

V4Hのインストール手順

次の手順でコンポーネントをインストールします。

①Viewアダプタ(PAKファイル)のUpload

1.  ソリューションで「+」をクリック

2.  PAKファイルの選択し、アップロード

3.  PAKファイルの内容を確認

4.  EULAに同意

5.  プロセスの確認

6.  V4Hソリューションの表示確認

②ライセンスの追加

vROpsの「管理」-「ライセンス」で、V4Hのライセンスを追加します。

③Viewアダプタインスタンスの作成

1.  ソリューションで、「構成」をクリック

2.  表示名等を入力、「+」をクリック

3.  認証情報名とサーバキーを入力

4.  「接続をテスト」をクリック

5.  「設定の保存」をクリック

6.  「閉じる」をクリック

④Broker Agentのインストール

1.  Broker Agentのexeファイルを実行

2.  EULAに同意

3.  インストール」をクリック

4.  「完了」をクリック

⑤Broker Agentの構成

1.  アドレスの入力

2.  サーバキーの入力

3.  「閉じる」をクリック

4.  View管理者の認証情報を入力

5.  「閉じる」をクリック

6.  イベントDBの認証情報を入力

7.  「閉じる」をクリック

8.  特定のプールを監視するかを指定

9.  「終了」をクリック

10.  内容を確認後、「適用」をクリック

⑥V4Hのインストールの検証

「Viewアダプタシステムの健全性」ダッシュボードで、Viewアダプタおよび Broker Agent のインストール時の健全性情報を確認できます。

 

デル製品のご紹介

デルでは、vROpsと連携するストレージアダプタを提供しています。対象は下記2製品です。ストレージアダプタを追加することで、1つのツールで物理ストレージの情報まで確認することができます。デルのストレージアダプタは無償で提供されます。管理コストまでを考慮し、ぜひご検討いただければと思います。

 

次のブログは、デルのストレージSEの一丸さんと、デル在籍時に私がVMware社のサイトに投稿したものです。vCOpsとの連携情報となりますが、どんな情報が得られるのかを参考までにご確認いただければと思います。物理ディスクを含めた仮想基盤の構成要素が一目で把握できるのは便利ですね。

■Dell Compellent SCシリーズ

https://blogs.vmware.com/jp-cim/2014/08/dell_compellent_vcops.html

■Dell EqualLogic PSシリーズ

http://blogs.vmware.com/jp-cim/2014/10/eql_vcops.html

 

まとめ

今回は、V4Hのインストールと構成についてご紹介しました。スムーズなインストールのために、必要なコンポーネント、インストール場所、インストールの流れをご確認ください。

vSphereの操作に慣れている方なら、1時間ほどで完了します。インストールでトラブルが起きるとしたら、誤って設定値を入力した場合が多いです。事前にシステム要件や設定値を確認しておいてくださいね!

 

前の記事へ | 次の記事へ

 


ソフトバンク コマース&サービス株式会社
中川 明美

昨年デルを卒業し、現在はディストリビュータの1つであるソフトバンク コマース&サービスで、おもにVMware製品を拡販するために励んでおります。デルテックセンターから再び情報発信できることを大変嬉しく思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

デルの製品またはソリューションに関するお問い合せは
こちらからご連絡ください。