昨今、ビジネスを「未来志向」に導くことがよく話題に上がっていますが、実際どういったことなのでしょうか。

今日、デジタル変革、イノベーションの波がとどまることなく押し寄せ、従来のレガシーテクノロジーがクラウド、モバイル、ソーシャル、ビックデータといった新しいテクノロジーに変革されています。未来志向とは、企業がこうした時代に成功を達成するよう準備をすることを意味します。これは、企業の経営陣がデジタル時代に適応する必要性を再認識することから始まります。

 ビデオ:マーガレット・フランコ (デル アジア太平洋/日本地域担当マーケティング バイスプレジデント) が、将来を見据えた「未来志向」のエンタープライズ IT ソリューションについて解説します。

IDC とデルが国際的な規模でリサーチを行ない、未来志向のテクノロジーに適応している企業の業績レベルを調べたところ、こうした企業は未来志向の度合いが低い企業と比べ、収益成長率や収益性、従業員の生産性と勤続年数までの幅広い重要業績評価指標 (KPI) において、格段に優れていることがわかりました。この傾向は、世界 12カ国、2,500 の企業に共通しています (日本、中国、インド、オーストラリア、ニュージーランド、1,200社を含む)。詳細な調査レポートはリンク先のページからダウンロードできます。

デルのソリューションは将来の IT に備えることを念頭に置いており、「未来志向」のエンタープライズビジネスの実現に貢献します。結果として、ビジネスの成果を向上し、変化に迅速に対応できる IT 環境を実現します。

あなたの企業がどの程度「未来志向」に対応しているのか、チェックできるツールをご用意しました。こちらのページにアクセスして確認してください。

デルが提供する「未来志向」のエンタープライズソリューションについての詳細は、こちらのページでご覧いただけます。

 

 

デルの「Future-Ready Enterprise:未来志向のエンタープライズソリューション」
に関するお問い合せはこちらからご連絡ください。