2016年4月13日

執筆: Harmeet Malhotra

 

デルは本日、新しいNAS(ネットワーク接続ストレージ)製品であるNX430の取り扱いを開始しました。

本製品は中小規模企業やホームオフィスをターゲットとしたエントリーレベルのファイル共有システムで、「プリントサーバ」としても使用できます。NASアプライアンスのDell Storage NXシリーズの一部であり、専用オペレーティングシステムMicrosoft Windows Storage Server 2012 R2™とDell OpenManage™ツールによって簡単に管理できます。

生産性の維持はどの企業にとっても重要です。NX430を利用すると、さまざまなユーザーがネットワークインフラストラクチャ随所にあるファイルや共有データ、さらにはリモートオフィスにも簡単にアクセスできるようになります。ファイル共有は検索が簡単で、接続は障害回復性に優れています。

重複データを除外してスペースを最大化: シンプロビジョニング、重複除外、および圧縮によって、NASでの容量割り当てが最適化されます。データ重複除外は、余ったパフォーマンスを利用して、データのチャンクに作用して重複情報を除外することで、実際のスペース消費量を低減します。強化されたマネージド・ファイル・サービスをCIFS/NFSにわたって提供する単一の管理インターフェイスを搭載しているほか、さまざまなタイプのファイルの制御とコンプライアンスを向上させることができます。監査やプランニングに最適です。

本製品は1Uのスモール・フォーム・ファクタで最大32 TBの容量を提供します。また、セットアップを合理化できる初期構成タスクウィザードを使用してすぐに使い始めることができます。Windowsクライアント・アクセス・ライセンス(CAL)を追加購入する必要はありません。

リモートオフィスの場合、BranchCache機能を使用して、ブランチオフィスとの低速/高レイテンシリンクの接続を改善することができます。

このストレージのソフトウェアは、Windows Storage Server 2012 R2 Standard EditionとWorkgroup Editionという2つのバージョンから選択できるため、お客様は最高の価値を得ることができます。Windows Storage Server 2012 R2 Standard Editionでは、優れたBranchCache、DFS-R(データ複製)、VSS(スナップショット)などの追加機能を利用できます。

本製品の詳細については、http://www.dell.com/jp/business/p/powervault-nx/pd をご覧ください。

 

Harmeet Malhotra

Dell アジア太平洋/日本地区 ストレージおよびソリューションマーケティング担当ディレクター

 

 

 

デルの製品またはソリューションに関するお問い合せは
こちらからご連絡ください。