OSCA OpenStack技術分科会から、OpenStack on Ceph に関する2本のホワイトペーパーが公開されましたので紹介します。

 

 「OpenStack on Ceph性能評価」
ダウンロードはこちらから


「OpenStack on Cephストレージ設計
  のポイント」
ダウンロードはこちらから

 

これらのホワイトペーパーは、OSCA OpenStack技術分科会で実施した、OpenStack on Cephの性能検証結果に基づき考察を示しています。

「OpenStack on Ceph性能評価」では、OpenStack on Cephにおける高負荷環境下でのベンチマーク結果について述べています。

「OpenStack on Cephストレージ設計のポイント」では、性能検証結果を踏まえたOpenStackとCephの組み合わせのポイントについて述べています。

 

本検証は、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7と、Red Hat Ceph Storage 1.3を組み合わせ、高負荷環境下でのCephストレージの性能を明らかにするという観点で調査を実施しました。ハードウェアはデルの高密度サーバPowerEdgeCシリーズとネットワークスイッチを利用しています。ベンチマークではfioを用いて、「read/write」・「CephのOSD Server数」・「ブロックサイズ」・「job数」・「VM数」を変化させた際の、IOPS・Throughputの傾向について評価しています。

 

詳細は、ホワイトペーパーをご参照ください。

 

※本ホワイトペーパーは OSCA OpenStack技術分科会の (株)日立ソリューションズ、レッドハット(株)のメンバーにより執筆されました。

 

 

デルの製品またはソリューションに関するお問い合せは
こちらからご連絡ください。