デル株式会社 エンタープライズソリューション&アライアンス部門で SAP ソリューションを担当しています菅谷です。 

 

 

最新のインテル Xeon プロセッサー E7  v4 製品ファミリー (Broadwell) 搭載の Dell PowerEdge 930 / SAP HANA アプライアンスでのシステムバックアップとリカバリの動作検証を実施しました。SAP HANA アプライアンスサーバは、工場で事前構成されており、その最適な構成がそのまま復元されることが望ましいため、v3 環境で採用していた手順が v4 でも問題なく稼動することの再確認を行いました。  

 

 

検証構成は <図1> のようになります。   

 

<図1> 検証構成 

  

 

バックアップソフトは、最近協業させていただいておりますミラクル・リナックス社の Miracle System Saver (以下、MSS) を用いて、バックアップ / リカバリの動作および運用検証を行いました。 簡単に言いますと、オフラインでシステムイメージバックアップを取得し、有事の際にはバックアップ時のイメージを復元する動作になります。 

MSS の機能詳細は、以下の製品サイトで確認してみてください。

 

https://www.miraclelinux.com/product-service/mss

  

検証はこの MSS を利用して、バックアップ先として用意した Windows のファイルサーバにシステムイメージを取得し、この取得したイメージから SAP HANA サーバにイメージを復元しました。

結論として、復元したシステムイメージでエラーなく起動することが確認できたので、今後 v4 構成の提案も安心して行えます。

また MSS を使った場合、バックアップイメージのサイズが約5分の1 に圧縮されたため、実行時間とイメージ保管コストの削減に寄与することも分かりました。

手順書と詳細な結果をホワイトペーパーとしてご提供できるよう準備しておりますので、ご期待ください。 

  

インテル Xeon プロセッサー E7  v4 製品ファミリー (Broadwell) を搭載した、わが Dell PowerEdge 930 の SAP HANA アプライアンスもラインアップの準備が整いましたので、ここでご紹介いたします。

SAP HANA アプライアンス構成のラインアップは、<図2> のシングルノード構成 (スケールアップ構成) とスケールアウト構成になります。 シングルノード構成は 2CPU / 128GB メモリの最小構成から 4CPU / 4TB メモリ構成までお客様のご用件からサイジングをして、適切なサイズを選択する流れになります。スケールアウト構成は、最小 2ノード (2TB メモリ) 構成から用件に応じて、ノードを追加していく構成になります。

 

<図2>

  

 

 

TD I構成のラインアップにあります、2 ソケットサーバ向け E5 シリーズ搭載のサーバも v4 対応が完了していることを付け加えさせていただきます。

 

 

v4 を使うメリットの一つとしてパフォーマンス向上があります。SAP ベンチマークの結果からv3と比べて、20% 以上のパフォーマンス向上が確認できました。 以下の SAP 社の SAP Standard Application Benchmarks のサイトでもご確認ください。

 

http://global.sap.com/campaigns/benchmark/index.epx

  

 

サーバのパフォーマンス向上により、4 ソケットサーバの SAP HANA アプライアンスの最大メモリのサポートが 3TB から 4TB に拡張されました。 これにより 4ソケットサーバ単体でサポートできる規模感がさらに大きくなったことをうれしく思います。

 

<図3>

<図3> の SAP BW-AML Benchmark (SAP BW Advance Mixed Load Benchmark) は、いままで展開されていた SAP BW-EML ベンチマークが廃止され、より現場のお客様の利用形態に近い形として SAP 社で開発されたベンチマークツールです。 現状 SAP HANA の性能の指標になるベンチマークですが、こちらもv3から v4 へ変更するだけで 20% 以上の性能向上が確認できました。 こちらの結果一覧は以下のサイトで確認できますが、Dell がこのエリアでがんばってるのが分かっていただけるのではないかと思います。

  

http://global.sap.com/solutions/benchmark/bwaml-results.htm

 

  

本件へのお問い合わせおよび SAP サイジングのご依頼は Dell-SAP コンピテンスセンターまでご連絡ください。 

⇒ JPDTCSAP@Dell.com