(この記事は、Dell KVM・KMM インテグレーションパートナーのダイトエレクトロン株式会社様から寄稿していただきました) 

こんにちは、Dell KVM・KMM インテグレーションパートナーのダイトエレクトロンです。Dell ブランド KVM・KMM をご利用頂いているお客様、ご検討中のお客様に有益な情報を当 BLOG で配信していきます。 

過去に購入した Dell KVM を利用中で、追加で Dell KVM をご購入されるケースが多いかと思います。その際にご注意頂く点をリストアップ致しました。 

=旧 KVM と現行 KVM のカスケード=

対応可否を下記マトリックスご参照ください。

=旧 KVM の対応 SIP=

現行 SIP を旧式 KVM での利用可否について、下記マトリックスをご参照ください。

旧式 KVM とのカスケードは条件付きで可能な場合ございますが、現行モデルでのカスケードを推奨いたします。

 

【Dell KVM・KMM 記事一覧】

第1回:Dell KVM・KMM を選択する理由

第2回:Dell KVM・KMM のラインアップ

第3回:Dell KVM・KMM の国内保証プログラム

第4回:1U に KVM・KMM を収納

第5回:KVM のカスケード

第6回:オプション SIP

第7回:旧 KVM との整合性

 

デルの製品またはソリューションに関するお問い合せは
こちらからご連絡ください。