従来の仮想化インフラでは、サーバとストレージを分けて構成するケースが一般的でしたが、規模が拡大するにつれ、設計・導入・運用・管理・増設といったあらゆる面において多くの注意を払う必要がありました。これが結果的に大きなITコストの負担になりました。このような課題のソリューションとして登場したのが、「ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI)」です。IDCによれば、国内のコンバージドシステム市場においてもハイパーコンバージド製品がけん引すると予測されています。(国内コンバージドシステム市場予測を発表)  Dell EMCでは、この分野でリーダ的なポジションである3つのハイパーコンバージド・インフラストラクチャをお客様のご要望にあわせて提案することが可能です。

そもそもハイパ―コンバージド・インフラストラクチャとは?

これまで別々であったコンピュート部分(サーバ)とストレージコントローラ機能およびデータの部分(専用ストレージ)を、汎用的なx86サーバとソフトウェアベースのストレージ(SDS)で構成したスケールアウト型のインフラストラクチャです。

アプリケーションが稼働するコンピュート部分とストレージコントローラおよびデータもすべてを分散することにより、単一のボトルネック部分が無くなります。そのため、設計、導入がし易く、シンプルな管理運用にて、信頼性と拡張性の高い仮想化基盤を実現することが可能になります。

適用シーンとしては、拡張性を必要とする仮想デスクトップや仮想サーバ、プライベートクラウドの基盤になります。また外部ストレージが不要になることから、運用や管理の面においても利点があり、スペースが限られたブランチ・リモートオフィスにも適しております。さらには、オールフラッシュの対応により、IOパフォーマンスを必要とするDBなどのエンタープライズアプリケーションを仮想化する際にもハイパーコンバージド・インフラストラクチャの利用が可能です。

Dell EMCがもつ3つのハイパーコンバージド・インフラストラクチャ

Dell EMCでは①VMware Virtual SAN(VSAN)を最適に構成した「VSAN Ready Nodes 、②Nutanixベースの「XCシリーズ」、③VSANベースのアプライアンスである「VxRAIL という豊富なラインナップを取り揃えており、ご要件に沿った最適なハイパーコンバージドインフラストラクチャを選択いただくことがが可能です。

それぞれについては、以下の関連ブログやサイトでも詳しく紹介しておりますので合わせてご参照ください。

① VSAN Ready Nodes:  「Dell サーバ x VMware で時代を切り拓く新しいストレージ "VSAN

②XCシリーズ: 「Web スケール・コンバージド・アプライアンス Dell XC シリーズが最新13世代サーバに対応

③VxRAIL :「Dell EMC VxRAIL プロダクトサイト