Dell-SAPコンピテンスセンター(SAPCC)担当の菅谷です。

 

弊社SAP HANAアプライアンス製品の「Dell EMC Validated Systems for SAP HANA」上で、ミラクル・リナックス様の製品MIRACLE System Saviorを用いた SAP HANA環境のシステムバックアップとリストアの検証についてを、以前本ブログ内のこちらでご報告しておりました。

最新のインテル Xeon プロセッサー E7 v4 製品ファミリー搭載の Dell PowerEdge 930 / SAP HANA アプライアンスでのシステムバックアップとリカバリの動作検証報告

 

この度、「MIRACLE System Savior for SAP HANA(以下、MSS )」として、SAP HANA環境での運用を想定した製品として出荷開始されるということで、事前に共同検証させていただく機会を頂きました。

ご参考までに、ミラクル・リナックス様のプレスリリースの内容がこちらあります。

 

プレスリリース:  SAP HANA対応のシステムバックアップ製品を提供開始

 

<検証環境のイメージ>


 

MSSの起動は、iDRACの機能にてISOイメージを仮想DVDドライブとしてマウントし、ブートさせています。

MSSのバックアップ対象OSは、SAP HANAでサポートされるOSがSUSE Linux Enterprise Server(SLES)とRed Hat Enterprise Linux (RHEL)の2種類があるため、各OS環境で検証をしています。

MSSのバックアップ格納先としてWindows Serverのファイルサーバーを用意し、ネットワーク経由によるバックアップ/リストアとしています。

 

<検証結果>

検証結果は、SAP HANAのシステムバックアップおよび取得したシステムイメージからシステム復旧ができることを、SUSEとRed hatの環境共に問題なく稼動することを実証しました。 詳細はミラクル・リナックス様の方から検証報告書として公開いただきましたので、そちらをご紹介します。

リンク先: 「MIRACLE System Savior によるDell EMC Validated Systems for SAP HANAバックアップ/リストア検証報告書

 

Dell EMC PowerEdgeは、サーバーに搭載されているiDRAC (integrated Dell Remote Access Controller)を利用した管理用Webインターフェースにて、サーバーの起動や停止等のリモート操作が行えます。iDRAC経由でのMSSの挙動を確認し、“容易に”バックアップ/リストアの操作が遠隔地からでき、業務効率が上げられる製品であると理解しました。 ここで“容易に”と書いたことが運用ではさらに重要です。

システムバックアップ製品 MSS とSAP HANA対応のEMC社のデータプロテクション製品(RecoverPoint、DataDomain、Avamarなど)を組み合わせることで、さらに安心かつ効率的にSAP HANAアプライアンス環境を運用いただけます。

 

SAPCCでの検証は今後も続きますので、ご期待ください。

本件、ご興味がある方は以下までお問い合わせください。 

お問い合わせ先: JPDTCSAP@dell.com