「Tokyo Dell EMC Forum 2017」は、たくさんのお客様にご来場いただき、大盛況のうちに終了いたしました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

10月26日 (木) に開催される『Tokyo Dell EMC Forum 2017』では約 40のセッションで、Dell Technologies のグループ企業やエコシステムパートナーが提供する、デジタルな未来を早く実現するための、幅広いポーフォリオや最先端の技術をご紹介します。

今回は、その多彩なセッションから、モダン インフラストラクチャ (最適なソリューション) を実現する、以下をご紹介いたします。

●セッション番号●
[C-1]

●セッションタイトル●
Red Hat Cloud Suite で実現、レガシーを活かしたクラウド時代の IT システム

技術度:★★
ビジネス度:★★★★

●セッション概要●
成功のカギは「バイモーダル IT」 IT システムをクラウド移行する際には、従来型のワークロードとクラウドのワークロードが一定期間共存します。Red Hat Cloud Suite を利用することで、従来型のワークロードを従来型の仮想化技術で、クラウドのワークロード (IaaS/PaaS/コンテナー) を両方を実現し、バイモーダル IT でデジタル変革に強い組織に貢献します。

●講演者●
レッドハット株式会社
テクニカルセールス本部 パートナーソリューションアーキテクト部
シニアソリューションアーキテクト
平 初 氏

●講演者略歴●
SIer、外資系ハードウェアベンダーを経て、現在、レッドハット株式会社にてパートナー SA として活躍。仮想化技術の黎明期から、IA サーバーにおける仮想化技術の啓蒙活動に力を注ぎ、日本国内における仮想化技術の普及拡大に貢献した。仮想化技術 Linux KVM、OpenStack および自動化の Ansible の普及、啓蒙活動に従事。著書:翔泳社「100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著 君のために選んだ1冊」、翔泳社「KVM 徹底入門」 、翔泳社「Ansible 徹底入門」



詳細とお申込みは、『Tokyo Dell EMC Forum 2017』公式サイトをご参照ください。

【イベント概要】

名称: Tokyo Dell EMC Forum 2017
日時: 2017年10月26日(木)10:00~19:30
会場: ザ・プリンスパークタワー東京(東京都港区芝公園) 地図
参加費: 無料(事前登録制)
対象: 法人のお客様および官公庁・研究・教育・医療等の公共機関の CIO、情報システム部門、システム 管理者、IT マネージャー、並びにパートナー様

ただいま登録受付中!
今すぐご登録を!

 

 

※講演タイトル、内容、講演者は変更になる可能性がございますので予めご了承ください。