デスクトップ仮想化ソリューション

デスクトップ仮想化のアプローチは、『エンドユーザーコンピューティング』と『データセンターの効率化』の双方の理解から、エンドトゥエンドで検討することが重要です。その為、組織内のコンセンサスも重要なポイントになります。

デルでは、CitrixMicrosoftVMwareといった各種パートナーソリューションを組み合せ、Dell Desktop Virtualization Solution (DVS)として、VDIモデルのインフラストラクチャの提供と共に、DVSソリューション・コンサルティングサービスの提供を行っています。

>> 豊富な情報満載!はじめよう仮想デスクトップ・キャンペーンサイト <<
http://www.dell.co.jp/start_vdi

  

デスクトップ仮想化ソリューション - クイックジャンプ

関連ソリューション - 他のWikiへのリンク

 

ブログコンテンツ 

Best of Synergy 2013 受賞内容は以下

下記にあるCitrix XenDesktop 中規模・大規模向けリファレンスアーキテクチャにある構成が受賞内容です。Rackサーバのローカルストレージを活用しコストパフォーマンスに優れたベストプラクティスの提供をしてます。

 

エンドトゥエンドで提供するデル・デスクトップ仮想化ソリューション

 

デル・デスクトップ仮想化ソリューション(DVS)

デルICS(コンサルティングサービス) では、デモンストレーションを交えた「ワークショップ」、ツールを利用し現状のPC状態を把握する「アセスメントサービス」、評価のポイントをまとめお客様に応じた「PoC支援サービス」を提供しています。以下が、導入イメージとなるパッケージ構成です。

 

デルDVSのリファレンスアーキテクチャ

包括的な技術を求められるデスクトップ仮想化に対して、デルのお客様、パートナー様が最適なデスクトップ仮想化ソリューションが展開可能なように、リファレンスアーキテクチャを多数公開しています。

検証結果と、エキスパートの経験に沿った包括的なリファレンスアーキテクチャです。

Citrix Solution シトリックス ViB / XenDesktop / XenApp

<技術リソース>

Citrix FlexCastはユーザー、デバイス、ネットワーク仮想デスクトップ、アプリケーションを効率的に展開するインテリジェントな配信技術です。ネットワーク(Force10)、計算ノード(XenApp、XenDesktop)、管理(Citrix PVS)、ストレージ(EqualLogic)に分けてサイジングのポイントを紹介しています。

 

<小規模> - Citrix VDI-in-a-boxのOEM提供を始めています。

CitrixのVDI-in-a-boxは中小規模向けに設計されたソフトウェアです。共有ストレージを必要としないシンプルなアーキテクチャで提供可能です。デルはCitrix VDI-in-a-boxをOEMとしてプリインストールしたアプライアンスを提供しています。PowerEdge R720やT620を利用して求められるハードウェア構成、検証結果が含まれています。

<小規模> Citrix XenDesktop リファレンスアーキテクチャ

 

<中・大規模> リファレンスアーキテクチャ

この資料は包括的なソリューションホワイトペーパーです。Citrixの各種ソフトウェアソリューション(Provisioning Server, XenApp etc.)やHypervisor、サーバの選択、ストレージの選択、サーバ・ストレージ・ネットワーク構成、検証方法とテスト結果、参考資料としてグラフィック仮想化-NVIDIA、Microsoft LyncとHDXの検証などが含まれています。

  

リモートオフィス向け (PowerEdge VRTX向け)

 

 

Microsoft Solution マイクロソフト RDVH / RDSH

米国で開催されたMMS2013のプレゼンテーション資料が掲載されています。

<中規模> リファレンスアーキテクチャ

先進事例 - 院内統合コミュニケーション基盤

院内統合コミュニケーション基盤として、Exchange、Lync、SharePointを活用されている他、マイクロソフトVDIの導入を既に始めています。

  

<技術リソース>

 

 

VMware Solution ヴイエムウェア Horizon View

New (資料) VMware Horizon Suiteが選ばれる7つの理由

<技術資料>

View 5.1以降に搭載されたView Storage Accelerator/CBRC (Content Based Read Cache)がvSphere上で動作することで、EqualLogicのRead IOPSを約70%削減させた検証結果です。

ブレード1台+EqualLogic PS-M4110XS(SSD/HDD)を利用して900シートのVDI環境の検証資料の紹介です。 (参照: コンバージドブレードデータセンターWiki

日本語翻訳済み

<小規模> リファレンスアーキテクチャ

 

<中・大規模> リファレンスアーキテクチャ

この資料は包括的なソリューションホワイトペーパーです。Horizon View 5.2に合わせて更新されました。サーバ、ストレージ、ネットワーク構成、シンクライアントの詳細が含まれています。

 

 

Dell Quest vWorkspace

デルソフトウェアには、第4のVDIソフトウェアソリューション、「vWorkspace」、オフラインVDIの「MokaFive Suite」など各種ソリューションがあります。 - 日本では未提供

リファレンスアーキテクチャ

 

関連ソリューション: Liquidware Labs

デルICS(インフラストラクチャ・コンサルティングサービス)では、グローバル共通のアセスメントフレームワークに従い、構成情報や現在のPC使用状況などを、Liquidware Labsの「Stratusphere FIT」を使ってアセスメント・サービスを行っています。

   

 デルDVSの紹介ビデオ(英語)

導入事例

国内のDVS導入事例の一部をご紹介