クラウドコンピューティングWikiでは、新しいデータセンターアーキテクチャ - デルではRevolutionary(革命的なアプローチ)と呼ばれるソリューションをご紹介します。

Revolutionaryアプローチの特徴

  • スケーリングでアジャイルな新しいデータセンターアーキテクチャの採用
  • OpenStackやHadoopなど、主にオープンソースソフトウェアの採用。システムの高信頼性はアプリケーション・ソフトウェアで実現

  • アプリケーション間のトラフィックと、柔軟なアクセススケーリングを考慮したネットワーキング。 - East-Westのトラフィック増加を考慮

  • 1人の管理者で、数千サーバ管理するような環境。 - 運用は自動化される、コモディティなハードウェアの採用、高密度で省エネルギーなデータセンター設計。

 

デルでは、OSCA (オープン・スタンダード・クラウド・アソシエーション)の設立に参画し、参加企業と共にオープンで標準化されるクラウド技術の検証作業や、相互接続検証などを行っています。