"メディア待ち"の理由が知りたい!

バックアップ・ジョブを実行した時、実行ステータスが"メディア待ち"になり、ジョブが進まなくなることが
あります。そんな時、より詳細な状況を確認することは、改善の手段を知る手がかりになります。

1. ジョブの実行状況は、NetVaultジョブ管理画面から確認できます。この画面にアクセスするにはメイン画面から"Job Management"をクリックしてください。

2. 実行ステータスが"メディア待ち"になっている場合、そのジョブの上で右クリックをし、"ジョブ詳細"
を選択します (NetVault 7.1の場合)。

NetVault 7.0以前では、上記のアクセス方法は使用できません。その場合、メイン画面から"Device Management"をクリックしてNetVault Device Management画面を表示し、"Media Requests"タブに移動し、表示されているメディア要求のエントリ上で、右クリックして"Diagnose"を選択して下さい。

3. "Diagnose Media Requests for Job"ウィンドウが表示されます。

  • 例 1: バックアップ・ジョブとしては書き込み先のメディアとして"グループに属さないメディア"の指定をしています。片や現在存在するメディアは全てグループ内のメディアのため、メディア待ちとなっていることが確認できます。
      
  • 例 2: 全てのメディアにデータを書き込んでしまった場合は、各メディアの表示が「十分な容量がありません。」になります。
      
  • 例 3: バックアップ・ジョブを "必ずメディアの先頭に書き込み"に設定している時に、全てのメディアが何らかのデータを保持をしている場合は、各メディアの表示が「メディアは空ではありません。」になります。

上記のように、この機能を使用することによりなぜメディア待ちの状態になっているか、より詳しい情報を得ることがえきます。確認後、バックアップジョブを継続させるためには、状況に応じて適切な対応を取ってください。

 

< バックナンバー・トップへ戻る