Linux上で起動したNetVault GUIの表示に適切なフォントが使用されない

Linux上でのOSのフォントの設定によっては、NetVault GUIで太字のフォントを使用して表示されてしまったり【画面 1-A】、適合するフォント・サイズがないため文字化けを起こす【画面 1-B】ことがあります。

【画面 1-A】

【画面 1-B】

同じ環境で、NetVault Configuratorでは通常のフォントが使用されている場合【画面 2】、下記手順にてNetVault GUI側のフォントをNetVault Configuratorで使用するフォントに合わせることによってNetVault GUIでも適切なフォントを使用することが可能になります。

      【画面 2】


  1. NetVault GUIで使用するフォントを、NetVault Configuratorで使用しているものに変更したい場合は、以下のファイルを編集します。まず、編集の前にオリジナルのファイルを念のためコピーして下さい。 
      
    # cd /usr/netvault/locale/JapaneseEUC/
    # cp netvault netvault.org
  2. 上記の"netvault"と言うファイルをテキストエディタで開きます。(下の例では、viを使用しています。)
    # vi netvault
  3. 最後から2行目の以下の行を見つけ出します。
      
    netvault*fontList:-misc-fixed-medium-r-normal--13-*-*-*-*-*-iso8859-1;-misc-fixed-medium-r-normal--13-*-*-*-*-*-jisx0208.1983-0;-misc-fixed-medium-r-normal--13-*-*-*-*-*-jisx0201.1976-0;-misc-fixed-medium-r-normal--13-*-*-*-*-*-jisx0212.1990-0:
  4. 上記の行の"13"というフォントのポイント指定を全て(4箇所あります。)"14"に変更します。
      
    netvault*fontList:-misc-fixed-medium-r-normal--14-*-*-*-*-*-iso8859-1;-misc-fixed-medium-r-normal--14-*-*-*-*-*-jisx0208.1983-0;-misc-fixed-medium-r-normal--14-*-*-*-*-*-jisx0201.1976-0;-misc-fixed-medium-r-normal--14-*-*-*-*-*-jisx0212.1990-0:
  5. 変更を保存しテキストエディタを終了します。NetVault GUIを起動し、下記のようにフォントが変更されたことを確認して下さい。
 

< バックナンバー・トップへ戻る