複数のバックアップ・ジョブを順番通りに実行したい!

複数のジョブを必ず決まった順番で実行したい場合、一般的には、スケジュール設定をずらして行うことで、ほとんどのケースに対応できます。ただ、プレ・スクリプト内で複雑な処理を行ったりした場合には、2番目に実行したいジョブが1番目に実行したいジョブよりも先に実行されてしまうことがあります。このような場合、下記の方法を行うことで、確実にジョブを順番通りに実行することが可能です。

順番通りに確実に実行したいジョブが3つ (Job1、Job2、Job3の順番) あるとします。

  1. Job3を作成します。その際、スケジュール・タブで、トリガ・ジョブとして定義します (トリガ名は"job3"とします)。ジョブを実行します。

  2. Job3を呼び出す下記スクリプトを作成します。作成したスクリプトを、NetVaultのスクリプト・ディレクトリにおきます。(Defaultでは、/usr/netvault/scriptsです。)
      
    ---------------------------- job3.sh -----------------------------
    #!/bin/sh
    /usr/netvault/util/nvtrigger job3
    ----------------------------------------------------------------
  3. Job2を作成します。スケジュール・タブで、手順 1と同様にトリガ・ジョブとして定義します (トリガ名は"job2"とします)。詳細タブにおいて、手順 2で作成したスクリプト"job3.sh"をポスト・スクリプトとして定義し、ジョブを実行します。

  4. 手順 2と同様に、Job2を呼び出す下記スクリプトを作成し、作成したスクリプトを、NetVaultのスクリプト・ディレクトリにおきます。(Defaultでは、/usr/netvault/scriptsです。)

    ---------------------------- job2.sh -----------------------------
    #!/bin/sh
    /usr/netvault/util/nvtrigger job2
    ---------------------------------------------------------------- 
  5. Job1を作成します。スケジュール・タブにおいて、Job1を実行させたい時間を設定します。さらに詳細設定タブにおいて、ポスト・スクリプトとして"job2.sh"を指定し、ジョブを実行します。
  6. Job1、Job2、Job3と順に実行されることを確認します。
 

< バックナンバー・トップへ戻る