エンタープライズレベルの特定用途向けバックアップアプライアンスです。

既存のバックアップアプリケーションと連携する完全なソリューションにより、必要なバックアップストレージを最大93 %削減できます。

貴社の災害対策戦略における、データ量の増加やバックアッププロセスの複雑化による影響を最小限に抑えるため、DR6000をご活用ください。DR6000は特定用途向けのディスクバックアップアプライアンスで、優れた拡張性、パフォーマンス、そしてバリューを提供します。また、DR6000では、NFS/CIFSのバックアップ用に、業界初のソース側取り込みプロトコルアクセラレーター(Rapid NFS/Rapid CIFS(デルのDRテクノロジーのプラグイン))を採用しています。
 
DR6000は、4つの拡張シェルフ(それぞれ9、18、27、または36 TB構成に対応)を使用して、最大180 TBのRAID容量まで拡張可能です。また、DR6000では、デルのグローバルなブロックベースのインライン重複除外/圧縮テクノロジーにより、バックアップストレージ容量を最大1/15にまで縮小できます。
拡張性の向上
4 TBドライブとDell PowerVault MD1200拡張シェルフ x 4を組み合わせて、最大180 TBのストレージ容量を使用可能(RAID 6構成、重複除外利用時)

ソース側での重複除外を選択できます。
新しいプロトコルアクセラレーター、Rapid NFS/Rapid CIFS(デルのDR Rapidテクノロジーのプラグイン)は、業界初のソース側テクノロジーのプラグインです。これらを使用すると、従来のNFS/CIFSバックアップと比較して、バックアップ取り込みのパフォーマンスが3~5倍に向上することがテストで明らかになっています。 

レプリケーションおよびファイル共有の強化
DR6000では、64台のさまざまなDRシリーズ重複除外アプライアンスから、1台のDR6000アプライアンスに同時にデータを複製できます。

パフォーマンスの向上
DR6000とNetVault Backup 10を組み合わせることで、超高速のバックアップ速度を実現できます。Rapid Data Access(RDA)テクノロジー(ライセンスに付属)を使用した場合、最大22 TB/時のスループットが可能になります。

高い価値
DR6000では、バックアップストレージのコストを削減できるほか、ライセンス料金には、レプリケーション、DR Rapidバックアップ取り込みプロトコルアクセラレーター(OST、RDA、Rapid NFS/Rapid CIFS)、および3年間の保守サポートが含まれています。

バックアップおよび災害対策の既存のワークフローと簡単に統合可能
DR6000は、主要なバックアップアプリケーションを幅広くサポートしています。サポート対象アプリケーションには、NetVault Backup、vRanger、AppAssureのほか、CommVaultやSymantecなど、多数の製品が含まれています。

テープバックアップへの依存度を低減
DR6000によるストレージリポジトリにバックアップを一元化することにより、テープバックアップへの依存を最小限に抑えることができます。テープは、バックアップアーカイブの保存用に使用できます。DR6000はまた、AppAssure Coreソフトウェアを使用してバックアップされたデータを長期間保存するための、アーカイブリポジトリとして使用することもできます。

高度なデータ保護
ディスクへの書き込み中に、データの自動検証を継続的に実施し、データの復元可能性を維持できます。