NetVault製品情報FAQ
FAQ番号
詳細
NVP00021

NetVault Backup 7.4.2~8.2用の暗号化プラグインと評価ライセンス・キーについて

1. NetVault Backup 7.4.2~8.2用の暗号化プラグイン・モジュールについて NetVault Backup 7.4.2~8.2では、暗号化プラグインはNetVaultコア・モジュールに標準で組み込まれていますので、別途インストールしていただく必要はありません。

2. 暗号化プラグイン用評価ライセンス・キーについて 暗号化機能を使用するには、評価ライセンス・キーもしくは製品ライセンス・キーのインストールが必要です。NetVault Backup 7.4.2~8.2では、評価ライセンス・キーをご申請いただかなくても、下記手順でCEL (Cryptographic Encryption License)と呼ばれる評価ライセンス・キーを有効にすることで、45日間ご試用いただくことが可能です。

  1. NetVault GUIからNetVaultクライアント管理ウィンドウを開きます。
  2. クライアントフレームで、暗号化機能を有効にするターゲット・クライアントを見つけて、右クリックします。 ポップアップ・メニューが表示されるので、ソフトウェアのインストールを選択します。
  3. 表示されるウィンドウで、次のディレクトリに移動します( ここで、... はローカル・マシン上のNetVault のインストール位置へのフルパスです)。 ...\netvault\packages\extra   cel<XXXX>.npk ファイルを見つけて、クリックし選択します。   
    【重要】 ウィンドウに表示されるディレクトリやファイルはNetVault GUI を起動しているローカル・マシン上の情報となります。ターゲット・クライアントのプラットフォームやNetVaultバージョンが異なる場合は、ターゲット・クライアントからcel<XXXX>.npk ファイルをNetVault GUI を起動しているマシン上に一旦コピーし、そのコピーしたcel<XXXX>.npkファイルを選択してください。
  4. OKボタンをクリックして、インストールを開始します。インストールが正常に完了すると、下図のダイアログボックスが表示されます。
  5. NetVault Configuratorより、暗号化機能を使用することが可能になります。

評価ラインセンス・キーを延長したい場合は、こちらから評価キーの申請を行ってください。

 
 

関連FAQ: NVP00043 - NetVault Backup 8.2.1以降用の暗号化プラグインと評価ライセンス・キーについて

 
更新日: 2009/1/28