NetVault Backup製品情報FAQ
FAQ番号
詳細
NVP00029

Virtual Clientを使用したクラスタ環境のバックアップを行う場合、VSS機能は使用できますか?

NetVault Backup (NVBU) 8.5以降では、追加ライセンスを購入することなくVSS機能を標準でご使用いただけます。

 

File System PluginでVirtual Clientを使用したクラスタ環境のバックアップを行う場合も、NVBUのVSS機能を使用することが可能です。

必要なライセンスは、下記の通りです。

    1. まず、Virtual Clientライセンスの購入方法をご確認いただき、必要なライセンスを選定してください。
    2. 次に、VSSライセンスを選定します。ここではVirtual Clientライセンスの購入方法にある構成例 1で、VSSオプションを使用する場合を例にして考えます。VSSライセンスは、稼動インスタンス分必要になります。
      従って、下記ライセンスが必要になります。 
      • Cluster File System Support x 1
      • VSS for Windows x 1 - NVBU8.5以降は標準対応なので、購入不要です。
    1. ライセンス申請時、コメント欄に、ご購入のVSSをライセンスは、実クライアント上ではなく、Virtual Client上で使用する旨ご記入ください。VSSのライセンスを有効にしたCluster File System Supportライセンスを発行させていただきます。

    【重要】 NetVault Backup 7.4.x、8.0でご使用の場合、上記構成でのバックアップに不具合があります (NetVault Backup 8.1では修正されています)。 NetVault Backup 7.4.x、8.0でご使用の場合、下記Knowledge Baseの回避策をお読みいただき、ライセンス申請時、必要なVSSライセンスをご申請ください。回避策用として、ご希望のクラスタ構成内のどれか1台のマシンIDで、実クライアント用のVSSライセンスを発行させていただきます。

    関連Knowledge Base文書: 00003527 - クラスター環境でVSSオプションを使用するには

     

    更新日:2012/3/27