NetVault Backup製品情報FAQ
FAQ番号
詳細
NVP00035

SharePoint APMのライセンス購入方法について教えてください

NetVault BackupのSharePoint APMは、Microsoft SharePointの構成が、シングル・サーバ構成であるか、小規模サーバ・ファーム構成、または、中規模サーバ・ファーム構成であるかにかかわらず、各SharePointファーム毎にライセンスをカウントします。

SharePoint APMは、SharePoint Web Serveのどれか1台にインストールします。追加で専用のSharePoint Web Serverを導入した場合も、SharePoint APMをインストールした1台のマシンからバックアップすることが可能です。従って、下記構成例のどの場合も、 必要になるSharePoint APMライセンス数は1つです。

※SharePoint APMには、さらに、Standard EditionとEnterprise Editionライセンスがあります。ご使用のMicrosoft SharePointのエディションに合わせて選択してください。詳細はこちら

●構成例 1 - シングル・サーバ構成:

  • SharePoint APM x 1

●構成例 2 - 小規模サーバ・ファーム構成:

  • SharePoint APM x 1

●構成例 3 - 中規模サーバ・ファーム構成:

  • SharePoint APM x 1

尚、上記構成例ではすべて、NetVault Backup (NVB) クライアント上にSharePoint APMをインストールしていますが、NVBサーバとSharePoint Web Serverを兼用することで、NVBサーバにSharePoint APMをインストールすることも可能です。

SharePoint APMのエディションの選択方法 SharePoint APMには、下表の通り、 Standard EditionとEnterprise Editionの2種類のライセンスがあります。ご使用のMicrosoft SharePointのエディションに合わせて選択してください。

SharePointのエディションを知るには: SharePointのエディションが不明な場合は、SharePoint Central Administrationアプリケーションを開き、Operations > Upgrade and Migration > Convert license typeの順に選択してください。ご使用中のSharePointのエディションが表示されます。

SharePoint APM サポートするMicrosoft SharePoint Edition
SharePoint Standard Edition APM Windows SharePoint Services 3.0
SharePoint Server 2007 Standard Edition
SharePoint Server 2007 for Search Standard Edition
Office Forms Server 2007
SharePoint Server 2010 and Standard CAL
SharePoint Server 2010 for Internet Sites, Standard
SharePoint Server 2010
SharePoint Foundation 2010
SharePoint Enterprise Edition APM SharePoint 2007 Enterprise Edition
SharePoint 2007 for Search Enterprise Edition
SharePoint 2007 for Internet Sites
Office Forms Server 2007 for Internet Sites
SharePoint Server 2010 and Enterprise CAL
SharePoint Server 2010 for Internet Sites, Enterprise

※ Office SharePoint Server 2007は、 Windows SharePoint Services 3.0のテクノロジを継承しており、Windows SharePoint Services 3.0で利用可能な機能はすべて、Office SharePoint Server 2007でもご利用いただけます。しかしながら、Office SharePoint Server 2007では、Windows SharePoint Services 3.0では利用できない拡張/追加機能が提供されています。詳細は、Microsoft社のWEBサイトをご覧ください。

 

更新日:2013/12/12