NetVault Backup Support Tips#2  お問い合わせ時に必要なログの採取方法のご案内

こんにちは。デル・ソフトウェア Data Protection製品サポートです。

NetVault Backup製品を使用している環境で、何か問題があった場合にはログを採取いただきサポート窓口へ状況の詳細とログを併せてお送りいただき対応をさせていただいております。今回は、このログの採取方法を本 Tipsにてご紹介いたします。

NetVault Backupのログについては、ログ参照画面にて確認が可能なNetVault Backupログをエクスポートして保存する際の形式、バイナリ/テキストという2つの形式でファイル形式のエクスポートが可能です。今回は、ログ参照画面上と同様にログ・メッセージに付属された詳細ログを含むバイナリ形式のログ(バイナリ・ログ)の取得方法を紹介します。

今回紹介するバイナリ・ログをサポート窓口へのお問い合わせ前に採取いただくことで、調査にログが必要な場合にサポート窓口からログ取得をリクエストするご案内が減ることがありますので、対応完了までの時間を削減することが可能となります。

なお、NetVault Backup のログとしては、バイナリ・ログの他にデフォルト設定では取得設定がOFFとなっているトレース・ログがあります。トレース・ログの取得は、より詳細な状況確認が必要な場合にサポート窓口よりリクエストさせていただくログとなっております。こちらのご紹介については、次回のTipsにてご紹介を予定しております。

【バイナリ・ログ採取方法】

1.[ナビゲーション]パネルで、[ログ参照]をクリックします。

2.[ログ参照]ページで、[レベルの表示]を[すべて]にします。

3.[ログ参照]ページで、[フィルタ]から[ログ フィルタのセット]を開き、以下の項目を設定します。
  入力後[ファイルタ]をクリックして、設定を完了します。

開始/終了

事象発生時を含む入力(全てのバイナリ・ログを取得するには「最初のイベント」と「最後のイベント」を選択します)

クラス

全て選択します

ジョブIDのログのみ表示

(空白)

テキストを含むログのみを表示

(空白)

 

4.[ログ参照]ページで、[エクスポート]から[ログのエクスポート]を開きます。

ファイル名

ログ・ファイルのファイル名を入力します。

 

この領域にファイル名を記載した場合には、以下のパスにファイルが保存されます。

Windows環境

<NetVault Backupインストール・ディレクトリ>\logs\dumps\binary

Linux環境

<NetVault Backup インストール・ディレクトリ>/logs/dumps/binary

別のパスに保存したい場合には、この領域にフル・パスでファイル名を記載します。

バイナリ・ログ/テキスト・ログ

今回はバイナリ形式でのエクスポートになりますので、バイナリ・ログを選択します。なお、エクスポートしたログをテキスト・エディタで内容の確認を行いたい場合には、テキスト・ログを選択します。(サポート窓口へはバイナリ・ログを選択して保存したバイナリ・ログをお送りください。

  入力後[エクスポート]をクリックして、ログをエクスポートします。このエクスポートしたログをバイナリ・ログと呼びます。

尚、バイナリ・ログの採取方法につきましては、Video KBでもご紹介をしておりますので、こちらも併せてご確認ください。

NetVault Backup 10 バイナリ・ログ取得方法 (135489)
https://support.software.dell.com/ja-jp/netvault-backup/kb/135489

掲載日:2015/09/29