OEM版 Windows Server - 仮想化ライセンスガイド (2012年 1月版)

デルが提供する、仮想化環境におけるWindows Server 2008 R2についてご紹介しています。

目次:

はじめに 3
仮想化とは 3
Windows Server のライセンスの考え方 4
本ガイドで使用する用語について 4
Windows Server ライセンスの基本 5
Windows Server 2008 R2 のライセンスは、仮想インスタンスの実行権付きです 5
仮想インスタンスは、別のハードウェアに移動できます 5
ダウン グレードとは ダウン エディションとは 6
[コラム] ボリューム ライセンスの 90 日ルールとは? 6
仮想化における OEM ライセンスの考え方 7
OEM ライセンスの特徴 7 OEM ライセンスのメリット 7
OEM ライセンスも、仮想インスタンスは移動することができます 7
仮想化環境で Windows Server を使用するには 8
インストール メディアの準備 8
購入した製品のバージョンをそのまま使用する場合 8
Windows Server をダウン グレードして使用する場合 8
プロダクト キーの入手とアクティベーション 8
購入した製品のバージョンをそのまま使用する場合 8
Windows Server をダウン グレードして使用する場合 8
[コラム] P2V (Physical to Virtual) 機能を使用する際の注意点は? 9
仮想化環境関連ツールのご紹介 10
仮想化環境の一元的、かつ効率的な運用を実現する System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 10
Microsoft® Assessment and Planning (MAP) Toolkit 10
よく寄せられる質問 11

※本書の内容は、2012 年 1 月現在のものであり、予告なく変更される場合があります。最新の内容については、弊社営業またはホームページにてご確認下さい。