大規模なエンタープライズ環境の IT 管理者は、異種システムが混在するクライアントネットワークの運用管理に、中央集中化したシステム管理プロセスを使用します。一般的な管理業務としては、社内で標準化したオペレーティングシステム (OS) イメージをクライアントハードウェアに導入したり、Microsoft System Center 2012 Configuration Manager (Configuration Manager 2012) などの中央管理コンソールを使って、ネットワーク上のアプリケーションソフトウェア、ハードウェア、OS 情報を一定の方法で収集したりすることが挙げられます。

これらのシステム管理者の多くは、何世代にもわたるクライアントハードウェアシステムを管理し、日進月歩で変わりゆくハードウェア技術に対応しながら、一貫したイメージ管理戦略と導入プロセスを円滑に稼働し続けるという難問に取り組んでいます。

Dell™ Client System Deployment CAB (Driver CAB) は、IT 担当者が自社のカスタム OS イメージを高速作成し、デルクライアントシステム上に高速導入するための便利なメカニズムです。本ホワイトペーパーは、Dell™ Client System Deployment CAB と Microsoft® System Center 2012 Configuration Manager の OS 導入機能を活用して、デルクライアントシステム上に OS イメージをデプロイメント (導入/展開) する方法を説明します。

本書が対象とする読者は、Configuration Manager 2012 オペレーティングシステムデプロイメントツール (OSD) とプロセスを使用してイメージを作成・管理する IT 管理者、ネットワーク管理者、その他の管理者です。本書は、Configuration Manager 2012 OSD の概要を理解し、ベアメタルデプロイメント (初期導入) 用のタスクシーケンスを作成する際に参考になります。