本ドキュメントは、英語で公開されているドキュメントの翻訳です。(English: Original file

 

第12世代 PowerEdgeサーバでは、アウトオブバンド管理のiDRAC (integrated Dell Remote Access Controller)に、Lifecycle Controllerが一体化され、デジタルライセンス形式でエディションの選択が可能になりました。(Blog:ホワイトペーパー iDRAC7のライセンス)これにより、あらゆる場所からデルサーバの監視、管理、更新(アップデート)、トラブルシューティング、修正を、エージェントレス(以前はOMSAが必要でした)で行うことが可能です。OSや、ハイパーバイザーに依存することなく、サーバのメンテナンス性が向上しています。

さらに、iDRAC7 with Lifecycle Controllerの大幅な性能も向上(Blog: iDRAC7のパフォーマンス向上)したことで、PowerEdgeサーバの管理には欠かせないツールになっています。

 

本資料では、iDRAC7 with Lifecycle Controllerのご紹介と、各エディション毎の機能を紹介しています。

  • Basic Management (IPMI)  /  iDRAC7 Express  /  iDRAC7 Express for Blade  /  iDRAC7 Enterprise