GPU仮想化システムの評価レポート

本資料は、株式会社ソフトウェアクレイドル様からいただいた資料です。

 

ソフトウェアクレイドル様は、流体解析を中心とするCAEソフトウェアを開発されているソフトウェアベンダーです。

解析データが大規模化する中で、図化ファイル(FLDファイル)の出力と可視化の両面から、最新技術を検証したものです。SMBダイレクトを利用した高速出力と、可視化の課題については>>こちらのブログをご覧ください。

 

この評価レポートは、PowerEdge R720に、NVIDIA GRID K2と、Citrix XenDesktop/XenServerを搭載した環境で、GPU仮想化技術を利用し、標準的なOpenGL性能ベンチマークと、ソフトウェアクレイドル製 STREAM V11を利用した実践的な検証を行っています。

本検証に関わるブログを公開していますので、ご覧ください。

http://ja.community.dell.com/techcenter/b/weblog/archive/2013/12/25/cradle-nvidia-grid-k2-vgpu-test-report.aspx