現代のキャンパスネットワーク環境は、急速に変化しています。ITマネージャは、組織内で多様化が進むユーザーとデバイスのサポートに駆り立てられると同時に、重要な業務のニーズに対応できるようネットワークを適応させ、信頼性、パフォーマンスおよび柔軟性を高めるよう努力しています。今日のビジネスでキャンパスネットワークに必要なのは、信頼性とパフォーマンスに優れた有線およびワイヤレス接続を提供し、デバイスのフォームファクタに関わらず高性能のアプリケーションと社内リソースへのアクセスを実現することです。

さらに経営者は、自社の IT スタッフに、少ないリソースで導入期間を短縮しつつ、このようなアクセスを実現して機敏性を高めるよう求めています。

Dell Networking キャンパス向けリファレンスアーキテクチャ (CRA) は、中小規模企業が直面するこれらの重要な問題への解決策を示します。このリファレンスアーキテクチャは、現代のキャンパスネットワークの見取り図であり、ネットワーク設計の原則とベストプラクティスを理解するために利用できます。このリファレンスアーキテクチャを利用すると、ネットワーク設計者は、導入への準備を整え、ビジネスに対して価値ある解決策をもたらすことができます。

このリファレンスアーキテクチャでは、以下について対応します。

  • スイッチング、モビリティ、セキュリティを組み込んだ有線およびワイヤレス接続をユーザーに提供できるよう、最新のエンドツーエンドのキャンパスネットワークを設計する
  • キャンパス内またはブランチオフィス間での複雑な導入と管理をシンプル化する
  • アクセスと集約に関して、キャンパスネットワークのダウンタイムを最小化し、24 時間 365 日のアクセスを可能にする最新のアプローチを適用する
  • 役割をベースにして、ゲスト、従業員、および契約社員に対するユーザーアクセス管理と動的なポリシーの割り当てを可能にする
  • ユーザーが、さまざまなデバイスで、社員用のアクセスとゲストアクセスを自分でプロビジョニングできるようにする (BYOD: 私物デバイス活用)
  • 速度、帯域幅、冗長性、およびネットワークの耐障害性を高める最新のテクノロジーを提供する


最高のパフォーマンスを発揮するネットワークとは、現在のビジネスニーズとユーザーニーズを実現するネットワークです。堅牢なインフラストラクチャを基盤とし、必要に応じてビジネスとその目標の拡大が可能となります。

 

資料の PDF ファイルは、タイトル部分またはこちらをクリックするとダウンロードできます。