OSCA™ 技術分科会から、新たにホワイトペーパー「OpenStack 大規模環境構築におけるネットワーク設計のポイント」が公開されましたので、紹介します。

このホワイトペーパーでは、Red Hatが提供するRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 4.0を用いて、大規模クラウド環境の構築におけるネットワーク設計について検証・考察した内容を示しています。大規模環境における OpenStack の設計パターンを検討し、実機検証を実施しました。検証から得られた知見を基に、ネットワークを中心とした OpenStack 大規模環境構築時の設計のポイントについて述べています。

検証では、大規模環境における OpenStack 設計のベストプラクティスを明らかにするという観点で調査を実施しました。特にネットワーク機能を中心として、OpenStack の各コンポーネントの分散配置可否という観点で検証を実施しました。本ホワイトペーパーにおける「大規模環境」は、VM 数 1,000 台以上の規模を想定しており、実際の検証では VM 1,000 台を運用可能な環境を構築しています。

詳細は、ホワイトペーパーをご参照ください。

※本ホワイトペーパーは OSCA™ 技術分科会の (株)日立ソリューションズのメンバーにより執筆されました。

 

以下にホワイトペーパーの目次を記します。

「OpenStack 大規模環境構築におけるネットワーク設計のポイント」

1. はじめに
 1.1. 概要
 1.2. 目的

2. OpenStack コンポーネント概要
 
2.1. OpenStack のコンポーネント
 2.2. OpenStack を構成する Node

3. 検証
 
3.1. 大規模環境における留意点
 3.2. 検証システム設計
 3.3. 検証環境

4. 結果
 4.1. Network Node 分散配置検証結果
 4.2. 大規模環境 VM 動作確認検証

5. 検証結果から得られた大規模環境設計のポイント
 5.1. Compute Node
 5.2. Network Node
 5.3. Storage Node
 5.4. Controller Node

6. まとめ

7. 参考文献

8. 付録
 8.1. Packstack Answer File

ホワイトペーパー「OpenStack 大規模環境構築におけるネットワーク設計のポイント」はリンク先からダウンロードできます。
ぜひご参照の上、お役立てください。

 

OSCA™ は、今後も技術分科会での検証結果を、ホワイトペーパーにまとめたり、セミナーやイベントで発表していきます。

 

OSCA™ について

OSCA™ (オスカ:Open Standard Cloud Association) は、オープンソースや標準化された技術によるクラウド環境の構築と導入の推進を目的として今年 (2012 年) 2 月に設立されました。
デルは、OSCA™ 設立企業としてこの活動に参加しています。

OSCA™ では、ハイパースケール・データセンタソリューション、クラウド運用管理の効率化、クラウドの相互運用の 3 つのカテゴリーを柱に、様々な技術分科会を構成しています。
今回公開されたホワイトペーパーは、この技術分科会で検証されたものです。

OSCA™ の活動につきましては、OSCA™ サイトをご覧ください。
http://www.osca-jp.com/

 

OSCA™ およびこのホワイトペーパー に関するお問い合せは、こちらのページからご連絡ください。
http://marketing.dell.com/techcenter_T2D