ネットワーキング業界は長年、まるでメインフレームの如くクローズドな状態を強いられ続けてきました。これまでお客様に与えられてきた唯一の選択肢はメインフレームのような購入アプローチだけだったため、お客様は一社のベンダのみと取引し、そのベンダがハードウェアからOS、アプリケーション、諸機能に至るまで、ネットワーク運用のすべてをコントロールしてしまいます。その結果ネットワーキング業界では技術革新が停滞し、運用体制は脆く複雑で高額になってしまいました。

しかし最近になってソフトウェアデファインドネットワーキング(SDN)とオープンネットワーキング(Open Networking)という動きが現れ、エンタープライズの主な課題を解決する画期的手法を提示しています。そこで本書では、SDNとオープンネットワーキングに対するDellの見解を述べると共に、これらの強力な新様式から得られるビジネス/技術/運用上のメリットと、お客様にとって最適な技術戦略を準備するためのガイダンスを示します。