当初はコンシューマ用デバイスとして登場した感のあるタブレットですが、今や数々の課題が解決されており、エンタープライズの採用にも向く堅牢な製品となっています。これらの最新型タブレットは新しい可能性を切り開きます。