個人所有デバイスの利用(BYOD)の動きは、ますます勢いを増してきています。「社員や業務委託契約者に本人所有のラップトップ/タブレット/スマートフォンの利用を許可すれば、ビジネスと本人に大きなメリットがある」ということは、今や広い業種間にわたって多くの組織が認識しています。社員はBYODまたはBYOPC(以下総称して「BYO」)により、柔軟性と満足度の向上というメリットが得られます。また組織側ではITリソースを最適化できますし、時と場所を選ばずに働けるようになった社員の生産性向上が、組織的なメリットとなって還元されます。

包括的なモバイル対応機能が入手可能となり、管理機能全般を効率化できるようになった今こそが、BYOプログラムを実装・拡張する絶好の機会です。適切なツールと推奨事項を採用して進化し続けるモバイル対応戦略をサポートすれば、様々なデバイスからいつでもどこでも安全にアクセスできるようになり、運用管理の複雑化も抑えることができます。

BYOプログラムに着手するときは、まずメリットと潜在的な課題について検討を重ね、次にユーザ/IT/ビジネス要件をあらゆる角度から考慮してBYOソリューションを選択してください。適切なアプローチを選択すれば、ITの制御権を失うことなくBYOのメリットを最大限に引き出せます。