IT組織は、「より少ないリソースで、より多くの仕事をこなす」というプレッシャーに常にさらされています。テクノロジーニーズを満たすために最適な技術を特定する作業は、もはや一筋縄ではいきません。IT組織は精査に精査を重ね、企業の出費を極力抑えながら、アプリケーション要件に最適なテクノロジーを特定し、その投資を正当化する必要があります。ESGの調査で、テクノロジーの選択時に最重視する判断基準を尋ねたところ、結果は予想にたがわず、「価格」と「総所有コスト(TCO)」が上位を占めました。

ストレージの観点から見ると、これらのニーズ間で兼ね合いを図るには、より費用対効果の高いストレージテクノロジーを探すことが重要です。それには、機材の販売価格だけでなく、ストレージシステム内に組み込まれた効率性を調べ、ストレージ投資に対する総所有コスト(TCO)も解明する必要があります。

このESGラボレポートは、Dellの依頼により作成されました。