エンタープライズデータセンターは、最も効率の良い方法でデータベースワークロードを実行するように継続的に努めています。パワフルなDell PowerEdge R820 サーバから、FC830 サーバ(インテルXeon プロセッサーE5-4600 v3 製品ファミリー搭載)とDell PowerEdge FD332 ストレージブロックを搭載した新しいDell PowerEdge FX2 エンクロージャへのアップグレードによって、データセンターはパフォーマンスと効率性を大きく高めることができます。クォーター幅、ハーフ幅、またはフル幅のサーバ、直接接続型ストレージブロックを搭載し、柔軟で、高密度の設計機能を備えたDell PowerEdge FX2 アーキテクチャでは、貴重なラックスペースも最大限活用できます。

Principled Technologies でのテスト実行中、Dell PowerEdge FX2 ソリューションは、ラックマウント型Dell PowerEdge R820 の4.5 倍のデータベースVM をサポートしました。さらに、Dell PowerEdge FX2ソリューションでは、デルの直接接続型ストレージ(DAS)キャッシングソフトウェア、SanDisk DAS Cache を使用した場合、1 分あたりの命令数でCacheCade を使用するDell PowerEdge R820 のVM の43 倍を実現しました。

Principled Technologies のテスト報告
2015年5月
依頼元: デル